Btn appstore Btn googleplay
51f7o4i8dpl

シリーズ累計115万部、大ヒット作待望の文庫化!娘を殺された作家は、無罪になった犯人への復讐を計画していた。人間の生死を判定する〝死神〟の千葉は、彼と共に... 続き

コメント

黒い背広に、細身のネクタイ。背は高く、痩せ型。行儀の良い子どものように律儀に背筋をまっすぐに伸ばしながらママチャリに乗って、雨の道をするするとやってきた。降り止まない雨の中、決して迷わないあの死神がやってきた。

参勤交代から始まって、静電気(⁈)アタックに武家諸ハット、そして場違いなミュージック。全くブレないあの死神の名前を、心の中で何度も呟き、或いは叫ぶ。

相当な期間、この仕事を続けているにも関わらずトンチンカンさが有り余ってしまう場面で「千葉さん…(呆)」、肝心なところでも文脈一切無視してミュージックを見つけてしまい「千葉さん!(怒)」、絶体絶命をものともしない死神パワーに狂喜しながらの「千葉さん!(ヒャッハー!)」、そしてまさかのクライマックスで魅せる驚異の姿に思わず「千葉さん…!(感動)」。

非常に重い物語の背景や人物像に沈み込みそうにもなるが、そんな時でもふっと浮力を感じることが出来る、不思議地蔵のような存在にフラフラと導かれながらの520ページ。あっという間だった。

こんなに強かったっけ!?と驚くくらいスーパーマンな千葉が対照となって、主人公やその家族(特に、死を目前にしたお父さん)の人間的すぎる生き様がぐっとくる。最後の千葉の台詞は、心が暖まる反面千葉らしくない気もしたのは私だけだろうか。2017.1

前作「死神の精度」が、人の生への讃歌ならば、今作は死との、不条理との対峙。
山野辺の父、彼が先に逝く者として、父親として、息子に遺した一言が、ほんと粋だ。

今回の著者の作品
なーんか良くなかった…
話の内容からすれば
引っ張り過ぎたかな?と…
大好きな著者だけに少し残念な気持ち…
いつもならスラスラと読み進めていくのに今回は時間もかなりかかった
また忘れたころに読み返そう

勝手に死神シリーズと呼ばせていただいてます。

仕事熱心な死神の千葉
復讐したい山野辺夫妻
支配ゲームをしたい本城

死神が出てくる話だからか、死について書かれていることが多い、ともするとそれは安っぽくなるかもしれないリスクはある。
しかし伊坂幸太郎はそうはならない。

死神にとって死は絶対的なものであり、不変なものだ。
しかし、人間にとってはそうではなく、価値観によって少しずつ変わってくる。
そこのギャップが面白い。
ただ死は怖くないんだよ、というメッセージは感じられる。
最近毎日雨が降っている、死神の千葉が仕事をする時も雨が降るそうだ。
偶然じゃなかったらいいが。。。

前作の『死神の精度』も最後のシーンに泣かされてしまったけど、今回も最後の千葉さんの台詞に、不覚にも泣かされてしまった。それから、365ページの7行目もツボ。
今回は前作の短編集とは違って一人の人間との7日間だけのお話。
「誰かを信じること」は今回のキィ。
終末のフールを読みたくなった。

僕の想像の中では、
山野辺…滝藤賢一
美樹…大塚寧々
千葉…福山雅治
本城…木村拓哉
でした。
難しい描写がなく、淡々と読み進められる本でした。
淡々と読み進められる分、盛り上がりにも欠ける感じがして、残念だった。
千葉が山野辺の復讐に力を貸す理由が、仕事だから、以上の何かがあればよかった。

最愛の娘を殺された夫婦と死神の7日間。主人公に突きつけられる現実に心がえぐられるけど、主人公の父との思い出や千葉さんとの会話にふと心が軽くなります。千葉さんの真面目な仕事ぶりは今回も健在です。

幼い頃に、泣きながら父に話した「死後」を思索する懊悩。どこか遠くに置いておきたくて、ぷっくりと頭の中で泡が膨らむと、慌てて放り投げたくなる。

いい話が、現実にあったら、それはほんとにすごいこと。散りばめられてる「ほんとに、すごいこと」に気づけるように在りたい。

死神シリーズ第二弾

人間の姿をした死神をシュールに描いている 重たいストーリーに笑いも含まれる
こんな死神のキャラクターに少し憧れてしまう

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c900acd0ed 9cc8 48ad 9020 9cc8d47c85b318f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadf73b29d1b dab2 4ae0 a07e 170e1cc5755d0c952269 28a2 420d 81a6 620fbacd0e9aD46ed159 606e 4e18 a80f 863d702ef0fa 99人

伊坂幸太郎の本

オー!ファーザー

オー!ファーザー

057d454f dd1f 452e b80a 120b362122b7

SaI

アプリ登録したばかりの初心者です…

すごく面白かった!最初から最後まで読むの止まらなくなりました。個性的な登場人物たちのやりとりや、様々な謎のピース。最後はあぁー、ここに伏線あったのかと伊坂幸太郎ワールドのどっぷりとハマりました! 父親が4人とか、高校生の男の子グレるじゃない?とあらすじだけ読んだ時思ったが、個性的でありながらも息子思い(子離れできない?)の父親に囲まれてすこし鬱陶しいと思いながらも何だかんだ父親たちが好きな由紀夫にすこしほっこりとした気持ちになります。 個性的な登場人物のテンポのいい会話はの楽しさはミステリー要素もあり面白い小説ですので是非とも読んでほしいと思います!!

21日前

E2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72Icon user placeholder7078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892 23
AX アックス

AX アックス

00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10

ほんのむし

2020年50冊目。泣きそ〜あ〜ってじわじわくる感じの泣き方じゃなくて、唐突に溢れるみたいに泣いた。たった一行なのに。/20200312

2か月前

Icon user placeholderDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262aE2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72 28