Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51ddxuzmsal

CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない-そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません... 続き

コメント

その他のコメント

一話を読んで、他の話も「不可」にしていくのだろうなと思っていたら、違った。
ほぉ そうきたか と思わずにいられない。

「同じものを食べた後で同じ感想を持ったり、好きな映画が一緒であったり、同じことで不愉快さを感じたり、そういうのって単純に、幸せですよね」
人の気持ちを丁寧に書く伊坂さんは本当に素敵。

読者

990076f5 950d 4ed9 b7f7 063b1fed917746180684 68a3 4ac7 9a96 28c49e42800d33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902F87cced7 3b24 400e 9d4e d0d0be9c1730087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edCd8a8628 ce00 4147 8290 89d1731f3dbbC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991A4180189 89b9 491c abf7 d03e985ee44a 123人

伊坂幸太郎の本

残り全部バケーション

残り全部バケーション

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

短編の繋がり具合が個人的にかなり好き。 それぞれの物語も憎らしくなるくらいに絶妙。 いいタイトルだよね。

約2か月前

514e1d85 e880 4424 85e6 179407f86a6015c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa36c477ff 4d1a 4b24 be79 c0cb38a13e5a 15