51f24k8w3yl

自身の父親の死を契機に、フィナンシャルタイムスのベテラン記者だった著者は、世界各地にさまざまな「葬儀」の姿を訪ね歩いた。文化や社会によってきわめて多種多様... 続き

コメント

死を扱うということは同時に生を捉えるということで、決して暗いことではない気がした。

読者

90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a0ea2ad07 0992 4453 b4c3 ea0a1858c7a08b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d 4人

文学

戦の国

戦の国

Dc47a3f7 801d 48b2 b661 c6654d54393b

Joe

Joe

2020年の大河ドラマ明智光秀に決定に触発されて、光秀関連の小説を読みあさっている中の一冊。 光秀を含む、戦国武将6人の短編集。 それぞれ、適度に濃く、適度に軽い。 記憶に残ったのは、上杉謙信の短編。 信仰の持つ力の大きさが印象的だった。 天下を取るという大望を目指すことができるのは、それに伴う屍の山、血の川を、自身が生み出すことに耐えうる者だけ。もはや狂気。 それは自身の大望に対する信仰であるとともに、犠牲にする者達から自身への信仰を形成することが重要。 現実社会でも、人が実際に死なないという違いはあっても(間接的に死ぬこともあるだろうが)、同じなんだろう。月並みだけど。 大望のためなら、なんでもやれる。そういう人が、エネルギーに満ちて生きられる。 まず大望があるかないかが、大きな違いなんだろう。 そんなことを思った。

約16時間前

C83c56a7 bc1d 43a3 adb9 6efaab245da5214e5862 3263 4a86 b0a9 70053bd33b5b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
刑事の子

刑事の子

7df3fa51 c258 43fa b725 e277cac30c46

ゆいか

高校生

最後の最後まで真相が分からなくて、全てがわかった瞬間は快感だった!犯行声明が送られてきたり、順とハナが拘束されたりと、ハラハラドキドキの瞬間が満載で楽しかった!

1日前

A889990f 3313 414b a1b1 617c76c38922989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c7