51f24k8w3yl

自身の父親の死を契機に、フィナンシャルタイムスのベテラン記者だった著者は、世界各地にさまざまな「葬儀」の姿を訪ね歩いた。文化や社会によってきわめて多種多様... 続き

コメント

死を扱うということは同時に生を捉えるということで、決して暗いことではない気がした。

読者

90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8a0ea2ad07 0992 4453 b4c3 ea0a1858c7a08b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d 4人

文学

検察側の罪人

検察側の罪人

C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e

KEITA

すていふーりっしゅ

映画で知った。正義とは何かを考えさせられる作品。一人でも多くの人に見て欲しいと思う。

約3時間前

Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26A889990f 3313 414b a1b1 617c76c38922Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5
女が死んでいる

女が死んでいる

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

短編集。普段、貫井さんの重いイヤミスをが好きな人は物足りないかも知れないが、ちゃんとどんでん返しはあるので楽しめた。軽く読みたい時には良い。

約9時間前

陽気なギャングは三つ数えろ

陽気なギャングは三つ数えろ

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/09/20 読了 ふと立ち寄った書店で発見。シリーズ化してるのかと思いきや、9年ぶりだとか。伏線&回収は健在。思わず、「そっちか〜」とつぶやいてしまった。久遠と対等に話が出来る人物の出現に驚いた。

約14時間前