Btn appstore Btn googleplay
51qfsrp6h2l

ある日、目細の安吉一家に客分として現れた、時代がかった老侠客。その名も山本政五郎-すなわち幕末から生き延びた、清水の次郎長の子分・小政だというのだが…。表... 続き

コメント

スリの話 面白い

その他のコメント

「男てえのは、理屈じゃねえ。おぎゃあと生まれてからくたばるまで、俺ァ男だ、俺ァ男だと、てめえに言いきかせて生きるもんだ。よしんばお題目にせえ、それができれァ、理屈は何もいらねえ。」

「こうと決めたらとことんやれ。星勘定も銭勘定もするな。盗っ人にせえ大臣にせえ、それが男の心意気ってもんじゃあねえのかい。」

読者

48a9fd5b 6f1b 400e b8f4 6fe4543a9719Ffcb6635 3673 4a2c a264 800ba9415806

浅田次郎の本

天切り松 闇がたり3 初湯千両

天切り松 闇がたり3 初湯千両

48a9fd5b 6f1b 400e b8f4 6fe4543a9719

yuna

本は中毒性のある娯楽

「たとえどんなにいい男だって、私っちを女だと見下す野郎には、惚れもしねぇ抱かれもしねぇ。意地と度胸で、男どもが片っ端から腰を割って仁義を切るような、女の中の女になってやる」 「銭金よりも命よりも大事なものァ、この世にいくらだってあらあ。長い人生、それをひとっつずつみっけて、懐に収っていけ。いいな、ぬかるんじゃねえぞ」

2か月前