51kh04sonyl

世間を震撼させた凶悪事件の殺人者たち――。臨床心理士として刑事事の心理鑑定を数多く手掛けてきた著者が、犯人たちの「心の闇」に肉薄する。勾留施設を訪ねて面会... 続き

コメント

犯行に至るまでの心理形成に十分に触れずに量刑の妥当性を判断、判決するというのは、片手落ちどころか両手落ちに近い。弁護人すらそこに寄り添えない状況はなかなか救いがない。。
それにしても幼少期からの虐待の影響って半端ないな。。読んでて胸が締め付けられる、というか読むに耐えない。畠山鈴香被告の章が、一番複雑な想いを抱いた。

その他のコメント

作者の主観がかなり占めている。
対話を淡々と書いてあればよかった。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858C41119d5 641a 4faa 92e7 bf677218f36e95dbcbf4 f246 4160 9854 34b26b5603c984703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e31 9人

文庫

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

50cb26dc d0db 4c26 9d14 71f766668833

あっぱれ

まぁ気が向いたら読書する感じの普…

時間の概念や、心のあり方、生きる事 言葉に出来ないからこそ見失いがちなことに、エンデなりの形を与えた作品。 子供が読むより大人が読んでから子供に接してあげてください!という本

1日前

6c1f5afe e15e 4103 b5e0 35c53a93d7181dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aIcon user placeholder 147
なずな

なずな

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

世の人は気軽に「あなたも子供を持てば判るわよ」ということを口走るが、子を持たず歳を重ねた者はそのたびに世間に対しての諦念といくばくかの心の痛みを感ずる。独身四十代半ばの男性がとある理由によって自らの子ではない赤ん坊を育てるこの小説は、身の丈にあった生活を慈しむといういつもの堀江敏幸の世界ではあるのだが、彼の作品の中では際立って生活感のあるかなり異質な作品だとも思う。

1日前

7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848aE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44Bc0e4f44 2050 4f0c 842f 74aa43c2b87a