51kh04sonyl

世間を震撼させた凶悪事件の殺人者たち――。臨床心理士として刑事事の心理鑑定を数多く手掛けてきた著者が、犯人たちの「心の闇」に肉薄する。勾留施設を訪ねて面会... 続き

コメント

犯行に至るまでの心理形成に十分に触れずに量刑の妥当性を判断、判決するというのは、片手落ちどころか両手落ちに近い。弁護人すらそこに寄り添えない状況はなかなか救いがない。。
それにしても幼少期からの虐待の影響って半端ないな。。読んでて胸が締め付けられる、というか読むに耐えない。畠山鈴香被告の章が、一番複雑な想いを抱いた。

その他のコメント

作者の主観がかなり占めている。
対話を淡々と書いてあればよかった。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858C41119d5 641a 4faa 92e7 bf677218f36e95dbcbf4 f246 4160 9854 34b26b5603c984703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e31 9人

文庫

老人と海

老人と海

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

ある老人がいて、彼は漁師だった。沖まで出て行って、巨大な魚と格闘した。人間が生き物と戦い、極限まで追い詰められていく姿を、刻みつけた物語。半分以上解脱しかけた老人の、生きるための戦い。海の上の一人問答は人の世の境界上か。……たぶん。ちゃんと理解出来たかは自信がない。

1日前

B65c3b44 b07f 4728 8a73 f235eba2f935Db9b02d1 3aca 4619 bcf4 32d363e3123fC6b45a2e 33ea 4545 89ad 965500c3d563 80