Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51ponj6pgel

史料「土芥寇讎記」-それは、元禄時代に大名の行状を秘かに探索した報告書だったのか。名君の誉れ高い水戸の黄門様は、じつは悪所通いをしていたと記され、あの赤穂... 続き

コメント

いくつもの歴史的な書物、文献をかき集めて考察するスタイルかと思ったら、当時実際に書かれて今はもう写本1冊しかないという貴重な書物の現代語訳を下地にして、裏づけやその周辺のことを別の文献から考察するスタイル。
当時からそんな書物があったことに驚き!
超有名な殿ばかりを掲載。イメージと正反対の書かれようだったりして、目から鱗。なにより語り口が流れるようで引き込まれる。
最後の一人は知らない人だなーと思っていたら、別件で有名人だった。あの手紙の人か!と、知っているようで知らない人にも出会えた。
あとがきまで美味しい。

その他のコメント

江戸時代のお殿様たちのプライベート(?)や裏の顔が面白い。
歴史学者の磯田さんの本は、引き込まれますね。
日本史が苦手な方でも身近に感じて、少し楽しくなりそう。

7人の戦国〜江戸時代の大名、武将が登場します。それぞれ面白いのですが殿様の通信簿というタイトルが今ひとつこの本の魅力を伝えてないような気もします。

読者

493a9207 a7d3 42bc 8ba6 3f12b255ede5Aa26433a ad66 4799 ae27 ac58304064ccDefault profile normal6c8aa383 dbb0 4ac6 92fc a86337a6255c47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a558ba47c41 8d13 4110 85ca 92671c6360db88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835 10人

磯田道史の本

歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ

歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

『武士の家計簿』の著者が記したエッセイ。古文書を通じて歴史を読み解く、というのは歴史学者ならでは。 個人的に一番面白かったのは、著者の幼少時の話。美術全集に想像設計図があった高さ100メートルの出雲大社のミニチュアを自宅の庭に作るも、台風が来て壊れてしまう。実際の出雲大社も嵐の度に倒壊したことを、実体験として理解したそうだ。他にも竪穴式住居を作るなど、こんな子どもいるのかと思うとともに、こういう人が歴史学者になるんだな、と納得。 後半の戦国時代の話もちょっとした歴史小説を読んでいるようで楽しめた。

13日前

Bfe75e70 0dce 48ce 98f4 b7ec5eb9b91dF7a34118 bf8f 4ec5 b203 771c604ed64dEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794
殿様の通信簿

殿様の通信簿

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

自分の本棚の前で立ち読みしてしま…

「武士の家計簿」の著者です。 殿様達も内緒で評価されていたのですね。そのような書物がある事にビックリしました。

約2か月前