51nwew2rzql

女子高生が自宅の庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か... 続き

コメント

ちょうど、母との関係に悩んでいたところだったので、色々考えさせられた。母性が備わっていようといまいと、子どもにとっては母は母であるのだなと思った。

私は、この世に生まれてきて一番幸せだと思う事は何かと聞かれたら、私の母が母であることだといつも思っている。母がどう思っているかは別として。

「母性なんて、女なら誰にでも備わっているものじゃないし、備わっていなくても、子どもは産めるんです」
このセリフにこの物語の全てというか湊さんの女性観が表れてる。
女性観とはちょっと違うかも。
母親像、かな。
湊さんの作品には歪んだ母親が出てくることが多いけど「母性なんて〜」ってセリフを踏まえると納得がいく。
湊さんが「これを書けたら作家を辞めてもいい」と言ったのも
なんとなくわかる気がする。

出産した途端、「お母さん」と周りから言われた時の違和感を思い出しました。ドキンとします。ヒヤリとします。紙一重ではないかと、己の母性はどのようなものかと疑ってしまいます。

女性を2種類にわけるなら、私は今のところ娘だけれど、母にもなれるだろうか。

最後まで読んで混乱した。解説を読んでやっとつじつまが合うのを確認したが、胸に残るのはスッキリさではなくモヤモヤした嫌なもの。
急に湊かなえさんの書く、重くねっとりしたえぐいものが欲しくなり衝動買いしましたが、しっかりモヤモヤ出来ました。

母と娘の話。かなり登場人物に理不尽なキャラクターがいるが、最後まで読むとなんだかだれが普通じゃないのか振り出しに戻された感。憎めないキャラが多い

誰かの娘であり、子供を産めばその子の母となる。
多分色んな愛し方があるけど、みな自分が愛されたように人を愛すし、そこで自分の価値観は形成されていくんだろうな

母であり、子供である。このテーマは私にはかなりしっくりきてしまい、引き込まれた一冊。
モヤモヤは自分の中にあるものと同じ。

母に愛される事、娘を愛する事、女にだけあると思われる母性って、悦びでもあり悲しみでもあり。一見あたりまえの言葉に思われる裏に、いやいや〜⁈と本人には気付かない歪みが見え隠れしている。怖い…。

食い違う母と娘の手記に混乱させられる。
そして、最後の解説まで読んでさらに、ふわっと嫌な気持ちになる、なんなんだろう。

私はまだ娘の立場。母になるという事を考えた時に少しだけ、怖くなった。母性って女性が全員元々あるものでもないし、必ず作られるものでもない。子供から母親へは無償の愛、母親から子供へは必ずしもそうではないのかもしれない。と考えさせられました。

湊かなえ独特の世界に引き込まれた。恐ろしくもありまた、実際にあることだとも思った。

大人になってからはともかく、子ども時代の子どもにとって、母親とは絶対的存在なのに、すべての母にとって子が必ずしもそうでないというのがかなしい。
娘がいるので考えさせられた。

深いな〜…
母と娘ってなんでしょう。
私は、2種類の女性のどちらなんだろう。

私は愛能う限り、娘を大切に育ててきました。

ん〜…

母と娘、奥深いものを感じた

主観的に、私は「母である」という人と、「娘である」という人と、「母でもあり娘でもある」という人とで読んだ感想は違うんだろうなぁと思いました。互いに愛するあまりの行動で母娘がすれ違ってしまうのが悲しい。でも親子ってそんなもんかもしれない。

読者

2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c6139e42b1c 0eff 4fe3 84a2 d78b77c02d1aDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66beC3b304be 780f 4966 aa1e bee9713d3c0559ce0229 453d 43b7 a500 ae584a53092616496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b74c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 108人

湊かなえの本

贖罪

贖罪

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

湊かなえらしい語り調子で、読みやすかったです。

16日前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d384c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a
往復書簡

往復書簡

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

手紙のやり取りで進んでいくストーリー、あまり考えなくてもすらすら読めるので、美容室で一気に読みました。3作品掲載です。

約2か月前

9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c25c6a28f 1d7f 438d ab66 be2bf4dd4575151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241
境遇

境遇

B3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf

1546Strawberry

書店員やってます。小説描きます

映像化する前に読んでたから映像化は正直超ガッカリ。 湊かなえ作品で "良いな" って思った作品が正直ない。 それくらいかなえさんは素敵な作品を書かれる。 本当にすごい。 おどろおどろしい文章に毎回度肝を抜かれる。 でも、好き。 いつ、原作と同等の原作を超える影像が出来るのか、密かに期待してるけれど、やはり、私は、映像化アンチ。

2か月前

2dc12b7e e93a 4eba 99ad 396fc536499c24c8818c fc21 4d95 ac91 f6c06572836eIcon user placeholder 32
ポイズンドーター・ホーリーマザー

ポイズンドーター・ホーリーマザー

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

イヤミスの要素がたっぷり詰まった、湊かなえの短編集。 表題作「ポイズンドーター」と「ホーリーマザー」は、毒親をモチーフにした連作。 「ポイズンドーター」では、娘を支配し追い詰めていく母親とそれに苦しむ娘、という構図だったのが、「ホーリーマザー」では、娘を見守る優しい母親と、母を自殺に追い込む娘に反転する。 絶対的な悪が存在するのなら、それを憎めば済む話。でも、人間はそんなに単純ではない。悪人だと思った人も視点を変えれば善人となり得る。だからこそ、この物語は救いがない。 一つ違えばハッピーエンドになったかもしれないバッドエンドにモヤモヤするも、やっぱり湊かなえは面白い。

3か月前

39e42b1c 0eff 4fe3 84a2 d78b77c02d1aDf016139 7043 4074 9caf d5b04be60007Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be 40