51nwew2rzql

女子高生が自宅の庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か... 続き

コメント

ちょうど、母との関係に悩んでいたところだったので、色々考えさせられた。母性が備わっていようといまいと、子どもにとっては母は母であるのだなと思った。

私は、この世に生まれてきて一番幸せだと思う事は何かと聞かれたら、私の母が母であることだといつも思っている。母がどう思っているかは別として。

「母性なんて、女なら誰にでも備わっているものじゃないし、備わっていなくても、子どもは産めるんです」
このセリフにこの物語の全てというか湊さんの女性観が表れてる。
女性観とはちょっと違うかも。
母親像、かな。
湊さんの作品には歪んだ母親が出てくることが多いけど「母性なんて〜」ってセリフを踏まえると納得がいく。
湊さんが「これを書けたら作家を辞めてもいい」と言ったのも
なんとなくわかる気がする。

出産した途端、「お母さん」と周りから言われた時の違和感を思い出しました。ドキンとします。ヒヤリとします。紙一重ではないかと、己の母性はどのようなものかと疑ってしまいます。

女性を2種類にわけるなら、私は今のところ娘だけれど、母にもなれるだろうか。

最後まで読んで混乱した。解説を読んでやっとつじつまが合うのを確認したが、胸に残るのはスッキリさではなくモヤモヤした嫌なもの。
急に湊かなえさんの書く、重くねっとりしたえぐいものが欲しくなり衝動買いしましたが、しっかりモヤモヤ出来ました。

母と娘の話。かなり登場人物に理不尽なキャラクターがいるが、最後まで読むとなんだかだれが普通じゃないのか振り出しに戻された感。憎めないキャラが多い

誰かの娘であり、子供を産めばその子の母となる。
多分色んな愛し方があるけど、みな自分が愛されたように人を愛すし、そこで自分の価値観は形成されていくんだろうな

母であり、子供である。このテーマは私にはかなりしっくりきてしまい、引き込まれた一冊。
モヤモヤは自分の中にあるものと同じ。

母に愛される事、娘を愛する事、女にだけあると思われる母性って、悦びでもあり悲しみでもあり。一見あたりまえの言葉に思われる裏に、いやいや〜⁈と本人には気付かない歪みが見え隠れしている。怖い…。

食い違う母と娘の手記に混乱させられる。
そして、最後の解説まで読んでさらに、ふわっと嫌な気持ちになる、なんなんだろう。

私はまだ娘の立場。母になるという事を考えた時に少しだけ、怖くなった。母性って女性が全員元々あるものでもないし、必ず作られるものでもない。子供から母親へは無償の愛、母親から子供へは必ずしもそうではないのかもしれない。と考えさせられました。

湊かなえ独特の世界に引き込まれた。恐ろしくもありまた、実際にあることだとも思った。

大人になってからはともかく、子ども時代の子どもにとって、母親とは絶対的存在なのに、すべての母にとって子が必ずしもそうでないというのがかなしい。
娘がいるので考えさせられた。

深いな〜…
母と娘ってなんでしょう。
私は、2種類の女性のどちらなんだろう。

私は愛能う限り、娘を大切に育ててきました。

ん〜…

母と娘、奥深いものを感じた

主観的に、私は「母である」という人と、「娘である」という人と、「母でもあり娘でもある」という人とで読んだ感想は違うんだろうなぁと思いました。互いに愛するあまりの行動で母娘がすれ違ってしまうのが悲しい。でも親子ってそんなもんかもしれない。

読者

F3f3887c 6dee 4882 8118 25c96aa0088b6851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44bC00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee08Icon user placeholderD4012687 5c22 4483 aed6 3f752ca2fe72Icon user placeholder2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c63cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c61 114人

湊かなえの本

ブロードキャスト

ブロードキャスト

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

デビュー10周年記念作品という事だが、NEW湊かなえ発見と言ったところか。王道まっしぐら青春小説だった。この青春劇に湊かなえが必要だっただろうか?

10日前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b59ce0229 453d 43b7 a500 ae584a530926C3df8ab7 6371 4f6c 9289 f126afd85fad 15
告白

告白

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

2009年の本屋大賞受賞作品。湊かなえの代表作で映画化もされたので、知名度はかなり高そう。10年積読してた本をようやく読了。 読み始めたらあっという間で、その日のうちに読めてしまった。とにかく読みやすいのと、お話の先が気になってページを繰る手が止まらなくなる。徹夜必至本なのだった。 5人の語り手による「告白」形式の連作短編集。人の心の闇。人間が一番残虐になれるのは、正義の名の下に人を裁く時なのだということがわかる一冊。ワクワクしながら読んでる読み手も、その対象からは逃れられない。 まともな倫理観の人間が一人も居ないという、暗澹たる内容ながら、やはり復讐譚は面白い。これは読まれるのも納得。しばらくこの作家を追いかけてみようかな。

約2か月前

8210a06b 7b39 4f5f b609 46898f3858a494c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea907755b625 bd3d 4741 b38c a2b0d2879bb6 181
ユートピア

ユートピア

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

立場が違えば見方も変わる、まさにそんな感じ。ゆったり不穏な空気を含んだまま物語が進んでいきます。モヤっとした終わりで....当人同士にしか真実はわからない。

2か月前

A621e03d 92a8 47fd a1ee 1402be50698693b767da c161 4ca5 978f a90f99e9769f5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 65
贖罪

贖罪

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1

kyoko

図書館がすき。

湊かなえらしい語り調子で、読みやすかったです。

4か月前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d384c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a