51rm49wr9vl

発行元から

「わだしは小説を書くことが、あんなにおっかないことだとは思ってもみなかった。あの多喜二が小説書いて殺されるなんて…」明治初頭、十七歳で結婚。小樽湾の岸壁に立つ小さなパン屋を営み、病弱の夫を支え、六人の子を育てた母セキ。貧しくとも明るかった小林家に暗い影がさしたのは、次男多喜二の反戦小説『蟹工船』が大きな評判になってからだ。大らかな心で、多喜二の「理想」を見守り、人を信じ、愛し、懸命に生き抜いたセキの、波乱に富んだ一生を描き切った、感動の長編小説。三浦文学の集大成。

三浦綾子の本

氷点(下)

氷点(下)

Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2

Na☆

電車に乗っている時が主な読書時間…

すごい話だった。話が最悪の結末を迎えるかと思いきや、最後に少し救いがあったのがよかった。人間の嫉妬や、言わない言えないことによる誤解、すれ違いってこわい。

2年前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aB8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e
銃口 上下合本版

銃口 上下合本版

6ad2a32e 9d2a 416b b167 0d13bc4202da

早川洸

もっとたくさんの本を読みたいです…

好きな本を読んだり音楽を聴いたりしただけで、危険思想の持ち主として警察に捕まることがあった昭和初期の日本。そんな思想統制の時代にも屈せず、自分の信念を貫いた青年教師の姿は、今を生きる私達にきっと響くはず。

3年前

積木の箱

積木の箱

B87d5eed c442 4bc4 acba 3b4fc707bf18

Ayumi!

Kobe ▼Like▼ 夏目漱…

生真面目な教師、純粋無垢な子供、陰のある少年、妖艶な美女などTHE三浦綾子な人物たちが織りなすドロドロのストーリーの中にしっかりとキリスト教文学ならではの罪や赦しのテーマが盛り込まれていました。

約4年前