61cqu0f1evl

フィギュアスケートの若手ホープが殺された。産休目前のマリアが、氷上のプリンセスをめぐる縺れた人間関係に捜査のメスを入れる。フィンランドで大人気のシリーズ第2弾。 続き

コメント

フィンランドで絶大な人気を誇るらしい女性警察官マリア・カッリオシリーズの邦訳第2弾。
第1弾の「雪の女」は、その前作が未訳で読んでいないこともあって、主人公にあまり共感できないし若干冗長なかんじもあってそれほど面白いと思えなかったけど、今作は妊娠した男勝りの主人公が、赤子の誕生を待ち望みながらも、今までのように働けないことに葛藤しつつ事件を解決しようと邁進していて、その様子を読んでいるとなんとなくマリアに愛着を持てるようになってきます。
話の構成も、最後の事件解決の展開は若干いきなり感があるけど(最後34ページで突然犯人と動機をひらめく(!)のです)、色んなとこに撒かれてた伏線を一応回収するというかたちでうまくまとめられてます。犯人の意外性も、、、まぁあるかな?
このシリーズやレベッカ・マーティンソンシリーズなんかは、同じ北欧シリーズものの特捜部Qやミレニアムみたいなハラハラドキドキ感や事件解決後のスッキリ感は得られないけど、なんとなく北欧の社会制度を学び、美しい自然の描写、それぞれの登場人物の憎めない個性をゆったり楽しむのが醍醐味なんだと思う。

読者

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810

文学

あひる

あひる

55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専…

いろいろと意味を考えながら読むが、私にはわからないのか、そもそもそんなに深い意味はないのか、うーんもっと気楽に恐怖感?とやらを味わえばいいのか。 「おばあちゃんの家」と「森の兄妹」は連動してる...よね?

約6時間前

Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bEf37a3b0 df68 4698 9ce2 18987b2fa1f5D16a2047 37fc 4190 9b34 2645789c7556 8
作家刑事毒島

作家刑事毒島

Akiaivjyeuyp25rambwa

アルテシマ

本と本棚好き。

うーん、痛快でもあり、不快でもある笑 評判良さげですが個人的にはちょっとクドいかな。あまりにもパターン化してる。

1日前

星のタクシー―車のいろは空のいろ

星のタクシー―車のいろは空のいろ

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0130 2019/08/15読了 大好きなシリーズ。 基本は子供や動物との微笑ましい話なんだけど、たまにある大人のホラーというか、不思議な話がすき。 しらないどうしは微笑ましくもあり怖くもあり切ない話。 ほたるのゆめは絵的には美しいけど、怖かったなあ。帰ってきてよかった。

3日前