51nir%2bwajzl

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実-。何... 続き

コメント

学校が舞台だけれども、しっかりしたトリックで書かれている。

お姉さんからの手紙で 渋々古典部に入部することになった主人公 折木奉太郎
省エネで生きていきたいのに 日常の謎を解く羽目になってしまう中 部長の千反田さんからの依頼で 伯父のことを調べることになる

古典部の文集「氷菓」の意味に辿り着いたとき 伯父さんのホントの気持ちに気付けて良かったと思う
伯父さんの言葉 強くなれ と言った想いもちゃんと 千反田さんに届いて良かった

古典部シリーズだいすき!
氷菓を巡る、古典部のやり取りや推理がみていてこっちもハラハラドキドキ、いったいどういう意味なんだろう。
その意味がわかったとき、思わず、あぁ、、っていってしまう!

自分の中のアニメの熱が程よく冷め(3年も経っていた!)、やっと手が伸びた。どこかしんとした雰囲気のお話でした。やはりアニメは振り幅を大きくしていたのだなあ。
トリックは既知だったが楽しめた。それにしても、「氷菓」の謎は琴線に触れるものがあって非常に好み。そして、あとがきの憎さがたまらない。
読み終わるのを見越して、続巻購入済み。のんびりと読んでいきたい。

2015/07/01 読了。

このシリーズのヒロインにゾッコンだという人は多いのではないだろうか?少なくとも僕はゾッコンだ。
農学部卒の僕は学生時代にそんな女性には出会えなかったけど、そんな彼女とボーイミーツガール出来た主人公がただただ羨ましい。

作物の研究に没頭する日々から抜け出したことで、無気力になっていた大学卒業前の春休み、持続可能な食料生産を実現するために僕に出来ることはなんだろう?と入学当初に考えていた理想について再び考えさせてくれた『遠回りする雛』。

社会人になって現実を嫌と言うほど突きつけられ、自分の理想が崩壊した後の世界を脱力感に襲われながら、何だかんだ俺には夢も希望も無いなーと思いながら過ごしていた時に読んだ『今さら翼と言われても』。

読了して純粋に賢くなりたい強くなりたいと思わせてくれたこのシリーズは僕がつい忘れそうになる何かを思い出させてくれる素敵な小説達だと思っています。是非、ご一読を!

どことなくこわい、しかし、読むのをやめられない。ストーリーのおもしろさに、1度目はビューンと読んでしまい、それからなん度も読み返している

テレビアニメで知って読んだ原作。今は角川文庫発刊だが、図書館で元となったスニーカー文庫ミステリー倶楽部版も見つけてきた。この作品とテレビアニメで惚れて、高山へ行くことが多くなった。

安楽椅子探偵ものとして良い出来栄え。アニメとは違った面白さがある。
続きが読みたくなる。

謎解きの度に、ああそういうことかと感心し、氷菓に込められた想いに切なくなる。彼は叫ばなかったのか叫べなかったのか…

登場人物たちが、仲間になって一緒に行動したり考えたりする物語が好きだ。冷めている主人公も好きだ。どうして氷菓なのか、登場人物の会話や心情の馴染みやすさと比べると少し現実的な、それでいてやっぱりフィクションな、そこが良かった。続きも読みたい。

キャラクター同士の会話が好き。文章の書き方が好み。
私みたいにミステリーは好きだけど、人が死ぬ描写があまり得意じゃない人にオススメしたい。

このほろ苦さが癖になる。

成り行きで高校の古典部に入部することになった主人公。古典部に入部し、一人の女性と出会うことで、本人の意図に反して古典部にまつわる謎に巻き込まれていく。主人公の探偵役的な役割と、謎を解き明かしていくことで核心に迫ってくワクワク感が楽しい一冊でした。

気だるさの中に面白みがある。
言葉の使い方が学生ぽくって良い。

読者

49bc0404 ec94 4db3 b249 5472aad35463D2df920f a1c1 47f1 9cba 8781a33d207033d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902D4a84528 6a5b 4bd3 acd1 14c67ac5265c036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d83a09d17 d124 42f2 9233 dc50b79e6e6cIcon user placeholderIcon user placeholder 118人

米澤穂信の本

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好…

Finishing strokeにこだわって作られたらしい、つまりミステリの短編集 「バベルの会」というキーワードで全ての短編が繋がっていて、全ての作品が暗くてとりあえず誰かが死ぬ。それも普通ではない殺され方、かといってミステリ好きからしたら目新しい殺し方ではないかも(自分はあまりミステリを読まないのでわからないが) ひとつひとつの短編は引き込まれるものがあるし、何かしらの知識がないと書けるものではないと思った

8か月前

3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b 9