51nir%2bwajzl

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実-。何... 続き

コメント

成り行きで高校の古典部に入部することになった主人公。古典部に入部し、一人の女性と出会うことで、本人の意図に反して古典部にまつわる謎に巻き込まれていく。主人公の探偵役的な役割と、謎を解き明かしていくことで核心に迫ってくワクワク感が楽しい一冊でした。

その他のコメント

読者

83a09d17 d124 42f2 9233 dc50b79e6e6cIcon user placeholder036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77dIcon user placeholderIcon user placeholder5020dd43 95c9 4a01 afbf 6ff8e6fa864b58968020 e3dd 46f9 85a8 5ab74f7aec42Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778 114人

米澤穂信の本

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好…

Finishing strokeにこだわって作られたらしい、つまりミステリの短編集 「バベルの会」というキーワードで全ての短編が繋がっていて、全ての作品が暗くてとりあえず誰かが死ぬ。それも普通ではない殺され方、かといってミステリ好きからしたら目新しい殺し方ではないかも(自分はあまりミステリを読まないのでわからないが) ひとつひとつの短編は引き込まれるものがあるし、何かしらの知識がないと書けるものではないと思った

6か月前

3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b 9