Btn appstore Btn googleplay
51nir%2bwajzl

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実-。何... 続き

コメント

成り行きで高校の古典部に入部することになった主人公。古典部に入部し、一人の女性と出会うことで、本人の意図に反して古典部にまつわる謎に巻き込まれていく。主人公の探偵役的な役割と、謎を解き明かしていくことで核心に迫ってくワクワク感が楽しい一冊でした。

その他のコメント

言葉遊びが面白い

氷菓の意味に胸打たれた

読者

C5cc27af c18c 4713 a0d0 574ca7d85503Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7eDfef7516 1e74 450e be73 a1a3de27c93e681218a9 ecf3 48b8 921b 1f66eefff9a91052ba9a 1f2d 4124 8344 d93e2428528eIcon user placeholderH4vpnusd normalBc730415 dcd6 4ca0 945c 6c3e496d8a5d 163人

米澤穂信の本

リカーシブル

リカーシブル

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

帯の「ボトルネックの感動ふたたび」が意味わかんね。あれ、感動する系の話じゃないでしょ。 お話的にも、続編的な話なのかと思ったら関係なかった。こういう煽りホントにやめて欲しい。 萎びた田舎町に引っ越してきた訳ありのヒロイン。 町が抱えるとある秘密に気付いてしまう。 中学一年にして人生ハードモードに突入したヒロインの、力強さが印象に残る。

2か月前

Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7eDefault profile normalIcon user placeholder 27
巴里マカロンの謎

巴里マカロンの謎

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

11年ぶりの「小市民」シリーズ。 小鳩くんと小佐内さんにまた会えて嬉しい。 時系列的には一年生の9月から1月まで。 つまり 春期限定 一年生の春 巴里マカロン 一年生の9月〜1月 夏期限定 二年生ほど夏 秋期限定 二年生の秋から三年生の秋 といった、時系列になります。 夏期限定の前なので、まだ気軽に読める時期ですね。 いちおう連作短編形式だけど、バラで読んでも問題なし。 長年のファンとしては「秋期」のその後、「冬期」を待ちわびているので、米澤穂信先生ホントにお願い致します。

4か月前

Icon user placeholder6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 15
秋期限定栗きんとん事件 下

秋期限定栗きんとん事件 下

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

「小市民」シリーズ第三弾の後編。 ミッシングリンクの処理が良い。我鍋に綴じ蓋。「体温上がる」一作でホントこの二人大好き。 マロングラッセと栗きんとんの比喩が好き。続編を待ち続けて幾星霜。『巴里マカロン』が出たけど、時系列的には前の話なのかな? 冬期が出るとするなら、二人を「すり潰すような強キャラの登場が必須だと思う。

5か月前

86c41bab 0380 4801 97c4 fd3b076279dbIcon user placeholderIcon user placeholder 19
秋期限定栗きんとん事件〈上〉

秋期限定栗きんとん事件〈上〉

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

「小市民」シリーズ第三弾。秋という割には1年間通して進行するシリーズ初の長編作品。 小鳩くんと小佐内さん、自意識過剰気味な高校生のお話。拗らせてる感じが堪らなく好き。シリーズ中でも特に好きな作品。

5か月前

86c41bab 0380 4801 97c4 fd3b076279dbIcon user placeholderIcon user placeholder 21