51nir%2bwajzl

いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実-。何... 続き

コメント

成り行きで高校の古典部に入部することになった主人公。古典部に入部し、一人の女性と出会うことで、本人の意図に反して古典部にまつわる謎に巻き込まれていく。主人公の探偵役的な役割と、謎を解き明かしていくことで核心に迫ってくワクワク感が楽しい一冊でした。

その他のコメント

読者

Icon user placeholder28e2f3bf e57d 401c a942 056bf1e01c6a2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efd60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835Icon user placeholderIcon user placeholder29fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4f92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b14 127人

米澤穂信の本

王とサーカス

王とサーカス

Bfa203ce cf6b 4708 a116 8282ad3cad0b

悠遊

新しいジャンルを開拓できれば嬉し…

太刀洗が学生から社会人となり、異国の地で自らの仕事の意味と向き合う姿が印象に残った。

1日前

4641b11e 4d6b 4862 935c 0dc1d40f80c4B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8496bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06 11
愚者のエンドロール

愚者のエンドロール

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

古典部シリーズの二作目。 文化祭で上演予定の、未完となったミステリ映画の結末を予想するという、「正解のない」問題に挑まされる奉太郎のお話。 女帝と真の黒幕の暗躍を楽しむ巻。かな、、 バークリーの『毒入りチョコレート事件』のインスパイア作品な訳だけど、ネタがマニアックで、スニーカー文庫(当時)でよくこれ出したなという印象。

2日前

Icon user placeholderFdd21047 a80d 4bf5 ab8d 014cae525a96D2df920f a1c1 47f1 9cba 8781a33d2070 41
本と鍵の季節

本と鍵の季節

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

米澤先生の高校ミステリーものということで、ウキウキ読み始めたが、出会ったのはなんともクールな二人組だった。 どちらも、ホームズだ。成熟しきれないホームズ達は、どこへ向かって行くのか。 ミステリーがちゃんと図書館の本と絡み合っているのが、上手い!

11日前

Dddd786f b9a0 44cb bd2f e1390d01dfb76279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a9c593b19 b0d5 41f6 b8ef ff46a3a128c1 29