51zvbm0fzbl

T大法学部の学生宝部郁雄と、大学前の古本屋の娘木田百子は、家柄の違いを乗り越えてようやく婚約した。一年三カ月後の郁雄の卒業まで結婚を待つというのが、たった... 続き

コメント

倦怠期のカップルが結婚するまでの話。
なんでもない話だけど、現代と違った常識とか、話し方とかが面白くて一気に読んだ。
郁雄と百子の感情の描写だけやけにリアルで詳細で、登場人物はそれなりに多いんだけど2人が際立ってた。
好きな小説。

三島作品気になる。

読者

8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deDe457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b034e5be88 bfe9 4156 9130 0b9be3bf65ae42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3eE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc20740038aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21D8485b64 0a86 44ba 85a6 c925a1cbdc2fIcon user placeholder 12人

三島由紀夫の本

沈める滝

沈める滝

D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9

イトウ

学生

血統の良いモテモテの男が俗世間と隔絶した場所にいく、というのは源氏物語みたいだと思った。三島由紀夫は綺麗だけどくどくない。

9か月前

夏子の冒険

夏子の冒険

93f78e92 3ecb 47d1 8688 3088d90302ba

saku908

本が好きです

夏子の情熱への渇望がよく描かれた話だった 最後は意表を突かれる展開で面白かった

11か月前

5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6cB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d578c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed
午後の曳航

午後の曳航

5b34824b 851e 4b5d 8a4b e970271f60b2

shin_1201

ジャンルを問わずいろんな本を読み…

一字一句に含蓄が溢れ過ぎてて凄いなー(小並感)てなった。 タイトル好き。

約1年前

0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8Icon user placeholderIcon user placeholder 10
真夏の死

真夏の死

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

自選短編で、自分自身の作品解説付き!かなりいろいろなタイプの短編が入っています。 個人的に良かったのは好きな短編は、「翼」、「離宮の松」、「雨のなかの噴水」です。逆にこれは?と思ったものは「煙草」でした。 「翼」の相手の心に触れそうで触れられないもどかしさと、最後の悲劇に急に現実的な一言を入れる事によって急に作品全体感覚がかわってしまう所が好きです。また、「雨のなかの噴水」の少年少女のそれぞれの可愛らしさ(たぶんそれぞれの相手にはまだきちんとは伝わらないであろう可愛らしさ)、良かったです。 全体的に当たり前かも知れませんが文章がうまい!広がりと色彩に対する視線の移ろい、その順序等たいへん、美しい という事です。そして叶わないロマンティシズムと叶ってしまうエロティシズムを感じました。 叶わないと分かっているのに願わずにはいられない想い、その感覚の再現がたまりませんし、叶ってしまってはある意味身の破滅にも係わらずその妖しさに惹かれてしまう人の心の動き。 この一冊しか読んでいないのでまだ分かりませんが、気になりますね。しかし私の知識として知っている三島 由紀夫というと割腹自殺なんですけど、なにかイメージが全然繋がりません。どういう事なのでしょうか。もっとマッチョなイメージで敬遠気味だったのですけど。 2006年 6月

1年前

Fe1c0b88 3afa 4cc0 b017 136c4a3765a5Bac6a214 dc6a 4970 8724 4ae03d9fd38eE4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2