41qe1pdy2cl

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯... 続き

コメント

その他のコメント

読む程にどんどん引き込まれていき、余韻が続く程、読み応えのある本です。
戦時中の人間心理や、戦争の怖さを改めて感じる小説でした。

特攻で亡くなった祖父。素晴らしいパイロット、臆病者と祖父を知る人はそれぞれ異なる思い出を話す。何故絶対死なないと行った祖父が特攻に参加したのか。その謎が解けると同時に全てが繋がる小説としても素晴らしい作品です。

読者

47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043C0979bca 0d16 492a bc4d eb5e5dbfc30f733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac575555e2 7411 491a aef7 901f8c6cc8257a52983e 3f48 4647 ac94 3226a7381976Icon user placeholder2a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01dEd7de416 4d92 42d4 ac5a c3a67b4975b5 202人

百田尚樹の本

戦争と平和

戦争と平和

F6fbb620 882f 4d6b 9665 bc962b11d41a

Kana Takeda

幼いころから読書が好きなのがこう…

何となく集団自衛権に反対していたけど、なぜ必要なのか分かりやすく書いていてよかった。 戦争したくないから武力を持たないだけではダメで自分の国を守る力が必要だということが分かった。

6か月前

Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f
海賊とよばれた男(下)

海賊とよばれた男(下)

47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf

なおちゃん

なおちゃん25歳!!

フィクションのようなノンフィクションというか、ノンフィクションのようなフィクションというかそういうのって最近流行ってるし、面白い本だとは思うんだけど、1冊で終わるボリュームが丁度良かったのではないかとも思う。ちょっとくどい…?

6か月前

Ed7de416 4d92 42d4 ac5a c3a67b4975b505c8ff82 31eb 488d a7ba f3b6f870f27cD4989c5a 319c 466e a02f ec0bcd557aef 74