41qe1pdy2cl

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯... 続き

コメント

その他のコメント

読む程にどんどん引き込まれていき、余韻が続く程、読み応えのある本です。
戦時中の人間心理や、戦争の怖さを改めて感じる小説でした。

家族、友人、恋人。
自分のまわりにいる愛する人たちと、この平和な世の中で出会えたことに、心から感謝しようと思った。

読者

B4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbe56d331a3 af9b 48be a073 7dc1f59dba0aB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947C424a61a 1d94 40f4 a0e1 1f1328a096676c56af2d c95e 4957 b9cf 6b7ed093c6c879771dec f28b 4932 9b66 3859125890b4F76b7470 f449 4b91 aa64 c9ef4fc60f54458f54bf 27b0 432c b1a2 212f7d11f31a 227人

百田尚樹の本

戦争と平和

戦争と平和

F6fbb620 882f 4d6b 9665 bc962b11d41a

Kana Takeda

幼いころから読書が好きなのがこう…

何となく集団自衛権に反対していたけど、なぜ必要なのか分かりやすく書いていてよかった。 戦争したくないから武力を持たないだけではダメで自分の国を守る力が必要だということが分かった。

10か月前

Ff3bda69 7b4f 4718 b4d0 19ab36a29788Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113
海賊とよばれた男(下)

海賊とよばれた男(下)

47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf

なおちゃん

なおちゃん25歳!!

フィクションのようなノンフィクションというか、ノンフィクションのようなフィクションというかそういうのって最近流行ってるし、面白い本だとは思うんだけど、1冊で終わるボリュームが丁度良かったのではないかとも思う。ちょっとくどい…?

10か月前

Icon user placeholderCf2dc2ce 72f8 4bea bdce 9bb0886adbf64d992493 bad7 4881 9601 875848105df6 83