51piupe3d7l

【文学/日本文学小説】七兵衛(後の河村瑞賢)は、明暦大火の材木買い占めで巨万の利益を得る。やがて日本列島の航路開設や治水・鉱山採掘などの大事業を次々と成功... 続き

コメント

問題を見つけ、その解決策を考える。それを愚直に繰り返す。仕事こそが人生と堂々と言える七兵衛の生き方にはなるほどと思える瞬間がいくつもあった。

その他のコメント

徳川四代将軍家綱の時代に実在した、商人河村屋七兵衛の生涯を描いた小説です。
この人の魂は、清いし。強い。
大阪の川なおしてくれてありがとう!笑

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cAe4a4a03 b8e3 43c5 90b5 745535bf3956C1d67d44 389e 4f67 845c 3481cb6c86771525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad489e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e4e17dab7 c53d 45fa b283 3bf1f56b6a4b 6人

伊東潤の本

決戦!関ヶ原

決戦!関ヶ原

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/05/31 読了 『歴史・時代小説縦横無尽の読みくらべガイド』からの選書。関ヶ原の色々な切り口が面白い。お気に入りは木下昌輝の「怪僧恵瓊」。対する葉室麟の「孤狼なり」が三成側の解釈。映画「関ヶ原」のシーンが頭の中を駆け巡った。

4か月前

ライト マイ ファイア

ライト マイ ファイア

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

「よど号」ハイジャック実行犯に公安がいた!その謎をめぐって過去と現在が交錯する設定の妙もさることながら現在から考えると無駄に熱い当時の雰囲気を追体験した。 数ある登場人物の中でもそこまで登場することもないが重要なカギを握る上昇志向の強い地方出身者で最終的に東京に飲み込まれ時代に取り残された石山が何故か印象深い。 同著者の「横浜1963」でも登場した打越、山元町と当時のハマの風景を思い浮かべる町小説としてもおもしろい。 おそらくフェリス女学院の場所が架空の雄志院大学のキャンパスなのだろう。そして震災復興建築のデザインを色濃く残すえんじ色が印象の打越橋を渡るときは前後に注意せねばと思った次第。表紙に教育大全共闘の旗。

約1年前

Fe6d5c4d 215c 498d 9c41 c8b672c2143c84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690Icon user placeholder
死んでたまるか

死んでたまるか

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

歴史小説家にとってどんな人物、事件を取り上げるかはかなり重要なテーマと思う。本作は、そう言えば日本史の教科書で榎本武揚と共に幕府側で最後まで新政府に対抗したとして名前だけは見たことがあるかな、という感じの大鳥圭介が主人公。彼が元々は幕臣でもなんでもなく尼崎の医者の息子で家業を継ぐために始めた蘭学からいつしか西洋の軍学に惹かれこれを学んだ結果、幕末の混乱期ではあるといえ最後には一代で大身旗本に取り立てられた男だとは知らなかった。宇都宮から会津、函館まで悉く新政府に抵抗し続けた男の生き様が熱く描かれる。そういえば本作には女性は全く登場せず、これ以上はないくらい男臭い作品。主人公と同じく新政府と闘い続ける新撰組の土方とか、本国の命令に背き共に闘うことを選んだフランス軍人のブリュネとか…負けると分かっていても闘い続ける男達の生き様。これを読んでグッとこない男はいないのでは。おすすめします。いい作品でした。

1年前