51li9hemskl

巨匠の妖しき名作を桜庭一樹が厳選!日本推理小説の巨匠・江戸川乱歩が没して50年。名作に光を当てるアンソロジー第1弾は「パノラマ島綺譚」「陰獣」など傑作七編。 続き

コメント

乱歩の推理小説たちと随筆ふたつ。日常から少し逸れただけの非日常の描写が面白い。パノラマ島は久々に読んだけど長い……。

読者

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

桜庭一樹の本

ほんとうの花を見せにきた

ほんとうの花を見せにきた

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

感動。桜庭一樹は思春期の葛藤描くのが圧倒的にうまい。そして今回はファンタジー!桜庭一樹は他の作家とは作品の毛色が全く違う。読んで桜庭一樹だとすぐわかる。ぐいっと心臓を鷲掴みされるような詩的な言葉。言葉の繰り返しはメロディーのよう。愛しくてたまらない人物たち。器用じゃ無いんだ、誰も彼も。生きていればいい、っていうメッセージが強く残る作品だった。

8か月前

Ffe82d8f 2913 48e3 bfea 44de475c2b90A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f97764712 d8d5 4d81 8b06 0d54cb049277 9
青年のための読書クラブ

青年のための読書クラブ

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

女子校×文学好きなら郷愁に襲われながらワクワクと楽しめる一冊。桜庭一樹は底知れぬほど本を読んでる作家だなあ。本と本を愛する読者への愛が感じられる。不覚にも最後のババア集合シーンに涙が…

10か月前

57eabb89 2d80 46e0 bff4 461f4232e787Akiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholder