41mupm7fj2l

O医大法医学教室の大学院生・伊月崇と指導教官の伏野ミチルは、何者かによって拉致監禁された。現場にはミイラ化した腕が残されていたのだが……。誰が何の目的で監... 続き

コメント

今回、死体は出てこない。法医学だけど。
拉致された真っ暗闇の中で、腕のミイラを発見したところから始まります。見えなくても分かるんですね流石、法医学の先生です。事件は、謎から何故へ。。。
登場人物達のご飯シーンは、ホノボノして好きです。
法医学探偵って感じじゃ無いのが良かった。
鬼籍通覧シリーズだけど、雰囲気が今までと違うかな。

その他のコメント

2017/7/19読了
来月、久しぶりに新刊が出るらしいので復習のために再読。事件はこれまでの同じシリーズものの中では少し超常的な不思議を残してた部分がなくなり、犯罪に巻き込まれてはいるものの、その謎はきちんと解ける。登場人物たちが幕間でご飯を食べるシーンがあるけど、いつも美味しそうで和むところなので、今後も残して欲しい。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Icon user placeholderE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1 3人

椹野道流の本

南柯の夢 鬼籍通覧

南柯の夢 鬼籍通覧

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今…

2017/12/30読了 前作からのミイラつながりなのか、やたらとミイラづいている伊月。二カ月やそこらで二回もミイラに遭遇する確率凄すぎ。本当はミチルがメインの少女の自殺を巡る事件の方が、前作の事件との対比としては大きな比率なんだけど、伊月と筧が発見したミイラの方がインパクトあったなー。相変わらず飯食う人々の幕間が癒しでした。

7か月前

時をかける眼鏡 華燭の典と妖精の涙

時をかける眼鏡 華燭の典と妖精の涙

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジーとハッピーエンドが大…

そういえばマーキスに帰ってきてるんだった。 という今回のアスマは、相変わらず死体に遭遇し、ダンスの練習をさせられ、小さな島で大冒険。大冒険シーンはアスマらしい大冒険なので、クリスから見たらちょい冒険程度かも。 ロデリックとフランシスが久しぶりで、ちょっと嬉しい。 いつか三兄弟の短編書いてくれないかなー。三人とも好き。

約1年前

C0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98cF8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52b7f77d33f 35da 4899 aafa 92ab5949891f