51pgycwbtrl

農業、食、教育、金融の領域を蝕んできた「1%の超富裕層」たちによる国家解体ゲーム。その最終章は、人類の生存と幸福に直結する「医療」の分野だった! 稀代のア... 続き

コメント

アメリカの医療(オバマケア)が、実はとんでもない悪法だったという話。世界の仕組みは、実は思ったほど正義にかなっていないし、平等でもない、ということに気づくきっかけになった本。ラジオ版 学問のススメで著者が語っていたものを聞き、大きな興奮を覚えて本書を読んだが、筆致がどうも自分には合わず、推敲されてもいないように感じた。内容が興味深いだけにもったいない。

その他のコメント

オバマケアは超富裕層によってビジネスチャンスとされてしまった。彼らがアメリカの次にねらっているのは日本だ❗️

読者

63431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e4f77893f a60d 452c b73a 6913489f0fc537448392 1099 4c24 8649 8c17cc8c2aa6E4a12636 8e00 4f1e 8113 af75866ad5e387fd6900 ee05 4d42 83b7 146c5554a720 5人

堤未果の本

日本が売られる

日本が売られる

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

国民の忘却力と、それを加速させる、恐ろしいほど強大なマスコミの力。水道水が飲める地域は、15カ国しかないのか。何故他の国は水道水が飲めないの?開発とは、そこに住む人々の生活向上と地域発展のためではなく、貴重な資源に市場価値をつけ、それをいかに効率よくつかうか、といえ投資家優先の考え方になっていった。水道は命のライフライン。それを民営にまかせていいの?

6か月前

3ed9eefb d1b8 4b47 b34d 213a0340ad43Icon user placeholderIcon user placeholder
ルポ 貧困大国アメリカ

ルポ 貧困大国アメリカ

7c145985 0223 4cee b39a e5c93c4ff84c

本好きです!マンガも大好き!

読んだ方がいい。 この本が書かれた時よりもこの悲惨な状態に近づいている。 何かしないと、、!

3年前

6e9ef3c4 7866 4d4c b8de 60ba84299a30C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e06c58379 2feb 42cc 8af7 4222029de187