Btn appstore Btn googleplay
51skj7dmq8l

【文学/日本文学小説】北関東のある県で中学2年生の男子生徒が転落死した。事故か? 自殺か? それとも──。その背景には陰湿ないじめがあった。町にひろがる波... 続き

コメント

学校で中学生の死体が見つかったことから、学校でのイジメ問題が発覚していくのですが。
被害者側、加害者側、学校、警察など、いろいな角度からの気持ちを知ることができた。
自分にもあった中学生時代、微妙な年齢だなって改めて思った。

なんでタイトルが「沈黙の町で」なんだろう。
中学生の転落死がいじめを苦にした自殺か事故か、そこを解き明かすのがこの本の1番の読みどころに見えるけれど、タイトルは「沈黙の町で」
そこが筆者からの隠されたメッセージなんじゃないかなと思った。
転落死とは関係なさそうに見えるけど頻繁に出てくる北関東の地方都市の描写。じめじめとした内陸部の天候、地方有力者たちの癒着、噂が早い小さな町、、、今の日本の地方都市の問題を転落死の究明と共に切り込んできているな、と思った。
奥田英朗は「無理」でもゆめの市っていう架空の地方都市を舞台にした本で同じように地方都市の問題に切り込んでいたから、こういうのが好きなのかな。
でもやっぱり1番の読み応えは転落死の究明を過去と現在の時間軸がぐちゃぐちゃに書かれながらもどんどん分かっていく感じ、ドラマを見てるみたいだった。
最初は被害者も加害者もどんな子なのか全く分からないのに読み進めるとどんどん分かってくる、あまりにもリアルすぎて本当にこの世に存在しているんじゃないかとすら思う。どんどん先を読みたくなる

あと、ちょっと皮肉?が混ざったような表現が面白い。声変わりが始まってない声を揶揄してウィーン少年合唱団のような声をあげた、とかちょっと笑ってしまった。
2019.3.10(5周目)

人の気持ちも、自分の気持ちも、何を大切にすべきかもわかっていない、

ドクター伊良部シリーズが好きで、そのコメディ風味がお気に入りなので、私にとって初めての奥田英朗さんのシリアスもの。
最初から最後まで重い気持ちになる。それは嫌ではなく、むしろそれを解消できるのではという期待で次々と先に読ませてくれた。
その期待というのは、1人の中学生男子の死を巡り、場面ごと時間ごとにあらゆる人達の立場や感情がはっきりしてくることで、真相に近づくような実感があるからだ。
死んだ男子だけではなく、登場人物の印象までもくるくると変わる。
しかし、子供、特に中学生は扱いにくいというか難しい年代だなあとしみじみ思う。

読者

055b7b31 1fcb 4278 9081 1b46efd7523dB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef41694796f8b193 cf0b 4f1c 8707 19a24eee0e7c0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeIcon user placeholder061ba0d1 84de 4fad 9980 fcdaa673915b17988a16 84ce 4850 8f8b 6d48305aca38Icon user placeholder 12人

奥田英朗の本

向田理髪店

向田理髪店

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

雪国に起こる小さな町の、毎日の本。優しい田舎の暮らしにゆっくり読むのが楽しい本。山の中の温泉で読むのにちょうどいい。

約1か月前

E29b7181 6c2e 4dfd 934c 787f314924e3A86cc33e 76de 4a83 bee4 f02f90f7348987553a24 2a2b 413b b90a 4bfe1ec5e1c2
サウスバウンド 下

サウスバウンド 下

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

 西表島にやってきた上原一家は、廃村跡の住宅を改装して住み始める。村の人々にも援助してもらい、順風満帆な生活が始まったと思ったが、島ではリゾート開発を進めようという動きが進んでいた。元過激派で、八重山の伝説的英雄・アカハチの子孫という噂もある父・一郎は、リゾート開発反対派としてマスコミから取材を受け、騒ぎはどんどん大きくなっていく・・・という話。  上巻ではただ無茶苦茶な印象だった一郎が、下巻の後半になっていくとどんどん格好良く見えてくる。やっていることは変わっていないはずなのに、見え方が違ってくるから不思議だ。体制や周囲の人々に安易に流されず、自分の心に従う生き方は英雄そのもの。自分だけではなく、読んだ人はみんなきっと上原一郎の言動に魅せられるだろう。 「二郎。世の中にはな、最後まで抵抗することで徐々に変わっていくことがあるんだ。奴隷制度や公民権運動がそうだ。平等は心やさしい権力者が与えたものではない。人民が戦って勝ち得たものだ。誰かが戦わない限り、社会は変わらない。おとうさんはその一人だ。わかるな」 「おとうさんの中にはな、自分でもどうしようもない腹の虫がいるんだ。それに従わないと、自分が自分じゃなくなる。要するに馬鹿なんだ」

5か月前

E2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72Eb5f576a 68fc 46b9 8806 0a83d4c3f5a62ec5687f 31b4 4a10 9fd8 9f5c6f2caba8
ヴァラエティ

ヴァラエティ

Icon user placeholder

Chie Mochida

奥田さんの短編集。対談も入った贅沢な一冊。 特に最後の夏のアルバムという短編が好き。自分の年代と近いのもありノスタルジーを感じた。子供時代は何であんなに毎日楽しかったんだろう。神社とかで缶蹴りしたなぁなんて ラストでホロっとさせられた。子供にとって死は遠いもので想像さえ出来ないものだと思う。けれど身近な大事な人が居なくなるということが死ぬって事だと気付く。奥田さんの小説はいつも心の琴線に触れる。

7か月前

18f9cba6 6736 41fb b0be f995ffdcfadfIcon user placeholderIcon user placeholder
罪の轍

罪の轍

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

オリンピックの身代金でこの時代を描いた著者による実在の事件をモデルにしたミステリ。 「誘拐」本田靖晴+「少年」大島渚の世界感というべきか。寛治の逃避行の先をもう少し見たかった。 カバー写真は傑作写真集「張り込み日記」渡部雄吉としっかりとした世界感はまさにプロの仕事。奥田作品によく出る やたら勢いの良いレフトの活動家も健在。「椅子に片膝を立て、足に水虫を塗りながら」P.46この場面どこかで見たか読んだ気がしたけど どこだろう。まさにこの時代にありそうな場面。 物語で重要な役割を果たす東京スタジアムその跡地は日光街道上り線千住大橋の陸橋で左の視界に入るのだが(ライフの看板が目印、通り過ぎる度にここがあの場所かと再確認する。 名選手榎本喜八もここでプレイしていたのかと感慨深い。そして現役引退後も上鷺宮の自宅からここまで走っていたのかと。

10か月前

Icon user placeholderBf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c975dc59253 1335 46dc 8342 2f7a4f57b5f4 12