412bxykyedl

その時、〈沖縄本の神様〉が 舞い降りた……。 古書に新刊、稀書に奇書、日々増え続ける「沖縄本」。  もはや「沖縄が好き」なのか「沖縄本が好き」なのか分か... 続き

コメント

東京に住む沖縄本のコレクターの方が沖縄本についてや集め方、探し方を紹介している本。集めた本はあまり読んでいないと著者の平山さんは書かれていますが、読んでみると本の中に沖縄本の世界や書き手、沖縄の古本屋さんや出版社などが次々と登場し、沖縄本の世界が少しずつ理解できるといういい本。さらに沖縄の本を探すテクニックが分かりやすく書かれています。著者の平山さんが所持する沖縄本はこの本が出た時点で約4000冊。家の中に本が増えることを危惧している奥さんとの駆け引きも。本を集めている方には共感できる部分が多い沖縄本です。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

新刊

鎌倉&三浦半島 山から海へ30コース

鎌倉&三浦半島 山から海へ30コース

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

最近ここら辺にハマっているのでしっかりした情報を手に入れねばと類書3点を比較検討した結果こちらを選択。それ以外だと山渓分県登山もいいけど神奈川西部は使わないから不要(いい本ですが)。現在はこの本と2.5万分の1地形図を活用。綴じ込みで大縮尺の地図があると尚よい。というのも 1万分の1地形図「鎌倉」と「逗子」はもう絶版になっているので 現存する詳細な地図は存在しないのである。GoogleMapsをマックスで拡大するぐらいか(画面の大きさには限界あり)もしくはメッシュ系の大縮尺地図帳といっても、物体としての大きさと重さを考えると持っていくわけにもいかないし。なので俯瞰でみられる1枚物の地図はこういう時便利なのだ。 ガイドブック綴じ込みでこれぐらいの縮尺があると需要はあると思うけど。

約2時間前