114dyr3g6al

コメント

一歩もださず、一歩も退かずして、ことごとく勝利の兆しをおさめてしまう境地がある。

本来は秘伝中の秘伝であろうが、それが書物になっている時代というのも良し悪しはわからぬが、おもしろい。

沢庵はご存知タクワン漬けを発明した禅僧で、武器を持たずに虎の檻にはいっては、それを手なづけたという男である。

洛書の図で云えば、不動の5の位置にいながら、陰陽回転をたしかにまわすといったところになるのだろうか。

ブランディングなる不毛な言の葉が流行りだしてから、人は存在感を求めるようになってしまったものの、たしかな人物というのはことごとく不在。

つまり氣配が無に近い場合が多い。

毎晩、睡りにつくまえに読みたい一冊。

#リジチョー。

読者

558bda5d 65f3 4e16 9911 eb76a7998793

人文

サイコパス

サイコパス

8f9987fd 83b4 4979 94f6 0abbc628b9f0

Chika

記録

興味深かったのは、先住民を例にした比較。物資的に貧しい環境だと人は協力し支え合い、豊かであればそれと真逆になる。サイコパスの生きやすい環境は後者。脳科学的にもサイコパスと非サイコパスは異形であるが、物資的に豊かな時代が続けばサイコパシーの素質を持った人が増えるのかもしれない。協力も支えも要らずに生きられる世の中なら、自己犠牲を払って人に情けをかけるより、自分さえ良ければで生きたほうが目に見える得は多いのかもしれない。もちろん孤立は免れないけれども。

約2時間前

Icon user placeholder3076d5af aac0 41c0 894a 5389283066f0Bb05606a 4295 4c09 83ea 8f8ae01d54a8 35
東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

C5fbd4c8 2e88 4b15 9411 a45874df54af

TOMO

Book

15ページ アインシュタインの 「I have no special talent. I am only passionatly curious. 私に特別な才能などない。ただ、情熱的と言えるほどに好奇心が旺盛なだけ。」 という言葉がグッときた。 考える力、について、体系的に説明されていてわかりやすい。「問題を見つける力」という時点で、多くの社会人が課題を抱える。見つけられない、見つけているが動かない/動けないと思い込んでいる、など。 場所:蔦屋代官山

3日前

Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113D62d46f7 a6e9 4fea a03b 9e87df05ce03