51iibzbdc1l

父から小さな映画館を継いだ俊介は、創業者の祖父の前半生を調べ始める。祖父は若い頃、脱出不可能と言われた場所で働き、その密林の中には映画館が…。驚きと感動の... 続き

コメント

名作映画を知らないと面白くないか?と問われると「否」。
若き俊英は映画などそれほど興味が無かったからだ。その彼が、牢獄で映画に心寄せるようになる。
不思議な巡り合わせと、諦めない心。一期一会の恋。
俊英が映画館を創立した気持ちが、語らずとも染み入ってきた。
ちょっと町の小さな映画館へ、行ってみようかな。

読者

Icon user placeholder1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c 4人

増山実の本

風よ 僕らに海の歌を

風よ 僕らに海の歌を

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

関西でのお話。「勇者たちへの伝言」も関西のお話でしたね。 史実を取り上げているので、つい実在しているかと勘違いしてしまいそうに。宝塚の街にイタリア料理を運んできた!なんて、イメージピッタリですし。お店探しそうです。笑 第二次世界大戦時から親子二代にわたる軌跡です。

約1年前