41qemp74col

コメント

注文するのは小川さん、納品書はクラフトエヴィング商會さん。この組み合わせでつまらないわけがないです。
だからと言って、ただ面白いだけではないところがまた憎らしいくらいに秀逸。

それぞれのひっそりとした死から始まる穏やかな物語。ひとつ壁で挟んだ、どこかの世界で本当に起こっているような、はたまたファンタジーのような。

きれいな文章。小川さんの文章は、いつまでも読み続けていられる気がする。

わたしにとって最高の二組の共著、目次だけでグッときてしまいます。トークショーで直接お会いできた思い出もあり、ずっと大切にしたい一冊。物語の、物語。

小川洋子さんの注文書にクラフト・エヴィング商會の納品書。幻想的で素晴らしかったです。両氏の言葉や物のセンスがたまらなく好き。フィクションでありノンフィクションであるような小説なのかアートなのか…神秘な世界に浸れました。

クラフトエヴィング商會の展示を初めて見た時、何故か途中で小川洋子さんの本を思った。「密やかな結晶」を読んだばかりだったからかも。会場でこの本が置いてあって なるほどこんな風に繋がってたのかなあと腑に落ちて購入しました。

現実のようで幻想的でひきこまれてしまった。

作中にでてくる作品もあわせて読んでみたい。

5つの小説に出てくる、不思議なものにまつわる、探し物。短編集。川端康成の『たんぽぽ』にまつわる、人体欠視症治療薬の話や、村上春樹の『貧乏な叔母さんの話』など、もとになった小説にも興味が湧いてくる。
肺に咲く睡蓮の話は、映画作品の方で、去年ゴンドリーの美術館展示も見たばかりだったので、ますます小説にも興味が。

物語はこうでなくては、と思います。つまり、ないものでも、必要な人にとってはあるということです。

「ないもの」を必要とする過程と注文書、「ないもの」を探し出すクラフト・エヴィング商會の納品書、「ないもの」を手にした依頼人のその後…。すべてが鮮明な映像とリアルな描写とストーリーで構成されていて、これは読みものなのか芸術作品なのかとても不思議で、だけどその不思議さに違和感は感じない。まつわる小説を読んでから、もういちど読みたくなる。

読者

Icon user placeholderEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09F31dc9b8 954e 4d4f 8612 66fea9482b2b5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2E5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aeaE1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c875657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b01E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909 25人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

約1か月前

ことり

ことり

C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

2か月前

677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd63af5021b 4ac7 4e17 987c c45b2d6c9fde1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f 8