41qemp74col

コメント

クラフトエヴィング商會の展示を初めて見た時、何故か途中で小川洋子さんの本を思った。「密やかな結晶」を読んだばかりだったからかも。会場でこの本が置いてあって なるほどこんな風に繋がってたのかなあと腑に落ちて購入しました。

その他のコメント

注文するのは小川さん、納品書はクラフトエヴィング商會さん。この組み合わせでつまらないわけがないです。
だからと言って、ただ面白いだけではないところがまた憎らしいくらいに秀逸。

それぞれのひっそりとした死から始まる穏やかな物語。ひとつ壁で挟んだ、どこかの世界で本当に起こっているような、はたまたファンタジーのような。

きれいな文章。小川さんの文章は、いつまでも読み続けていられる気がする。

読者

1d08e73d cecb 4055 b52a be7e7482aefcCbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a998859cbeb2b a74b 49f6 ac0d bb8d8e0ffc269ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fIcon user placeholderEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a095cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 29人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

約1年前

ことり

ことり

7fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b8

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

約1年前

A717c245 52ca 473f add7 f3698fc39601531459ff 570c 4dec b1f6 bc840f7e5c826851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b 19