41ntwu7upxl

地球の人口問題解決の討議のため開催される世界未来学会議に出席せんと、コスタリカを訪れた泰平ヨン。ところが、会議の最中にテロ事件が勃発。ヨンたちは、鎮圧のた... 続き

コメント

コングレス未来学会議の原作。だいぶん脚色されてるけど。装丁は昔のナンセンスな感じのがよかったなー

その他のコメント

映画『コングレス未来学会議』を観て、この原作を読み始めた。映画もヤバいが、原作はもっとヤバい……想像力が追っつかない

読むドラッグ

読者

Af23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec15350485ea2e 3497 4d6e 9513 5c67f0493aa20394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e0f931486 124f 463b 9da9 51f9dde17c5bF3184588 52ef 47fa 896d a8d8cb9ff49eB46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea6135 9人

スタニスワフ・レムの本

ソラリスの陽のもとに

ソラリスの陽のもとに

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

人間の深層意識を具現する海。僕にとって、SFといえばこれ。レムの代表作。タルコフスキーやソダーバーグが映画にしているが、レムは憤慨だとか。

7か月前

2bf06a67 5d82 42bb 8aab 08f4d6047e5aIcon user placeholder