41q9cpc83tl

いろんな生活、いろんな人生、いろんな人々。とりどりで、不可解で。江国香織初の書き下ろし短編小説。 続き

コメント

結局のところ、私たちはみんな喪失の過程を生きているのだ。貪欲に得ては、次々にうしなう。

瞬間の集積が時間であり、時間の集積が人生であるならば、私はやっぱり瞬間を信じたい。

可憐に、慎ましく、輝く、江國が最高

読者

187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc58a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fEee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a9865dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937eDd666015 f22c 49e4 9ec1 183b5001736a02e8aacb bac1 4f02 b9a2 8c5d4a833622 7人

江國香織の本

号泣する準備はできていた

号泣する準備はできていた

B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a98

すのう

夏目漱石、芥川龍之介、伊集院静、…

喪失するには所有が必要で、所有をした時点ですでに号泣する準備はできている。 なんでそんなにかなしいのよ 所有したことに手放しで喜べないってなんなのよ 納得しちゃうじゃない

7か月前

B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e84bc05e8 c086 4730 8280 90cd749500af 10