41q9cpc83tl

いろんな生活、いろんな人生、いろんな人々。とりどりで、不可解で。江国香織初の書き下ろし短編小説。 続き

コメント

結局のところ、私たちはみんな喪失の過程を生きているのだ。貪欲に得ては、次々にうしなう。

瞬間の集積が時間であり、時間の集積が人生であるならば、私はやっぱり瞬間を信じたい。

可憐に、慎ましく、輝く、江國が最高

読者

52bd9325 ad4e 4e79 bb55 f580f1d324ae187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc58a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fEee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9B0f9209d aa6d 4ae3 bf15 9b0e65096a98Ff4991c6 95e9 4a39 b9a4 0beb88bd54c5Dd666015 f22c 49e4 9ec1 183b5001736a02e8aacb bac1 4f02 b9a2 8c5d4a833622 8人

江國香織の本