Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41c38cpn0jl

いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな... 続き

コメント

こんな家族いいなって、純粋に思った一冊。
江國さんの描く世界が大好きなのだけれど、日常の中のちょっとした瞬間に実は大切な愛おしいことはたくさん転がってるんだなっていつもハッとする。
雨の日の「すーん」とする淋しさ。
分かるなぁ。

たいていのことは「それほどでもない」のだ。

たとえお隣でも、よそのうちは外国よりも遠い。

その家族にしかないルール。その家族だけの真実。こんな家族に憧れている。

ひとつひとつの描写や、こと子が見ているものたちがただただ愛しい。大好きで何回も読んでしまう。

家族にしかわからない感覚や風景。ふしぎなルール。
秋から冬の日々の移り変わり。
江國香織の描く家族、きょうだいの描写がとても好きだ。
雨の日の「すーん」とした感じ。

自分は家族団らんなんてあまりしないし、そもそも欠けている家族が既にいるから、ずっと大人になっても家族との行事をとっても優先する人の事が理解できなかった。これからも、完全には理解できないと思うけれど、でも少し羨ましかった。完璧な後頭部の弟律がいることや、お姉ちゃんたちがいること子が。

江國香織の小説は繊細で好き

読者

65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937ePictureE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea1f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b5B23ccc5f e7f6 46e0 bce1 20390055438cC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba2499116f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c353e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a 23人

江國香織の本

とるにたらないものもの

とるにたらないものもの

65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937e

江國香織さんが好きです

とるにたらないもの、を江國さんの言葉でとるにたるもの、にする不思議な力があったと思います。 自分にとってそれらのものはどうだったかな、と思わせられましたし、考えたりしたこともないようなものに対して考えたりしました。 とるにたらないようなものでも、生活の一部で、おもしろいなぁと思いました。

約1か月前

5e646217 79f2 4fe9 8943 510a6eabf4f62b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870
温かなお皿

温かなお皿

0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9

hito.N

短編集。南ヶ原団地A号棟が好きだった。読んだ後に、目次を見ていても、これも良かったしこれも良かったかな。と、思う。全て情景が温かい。

約1か月前

すいかの匂い

すいかの匂い

65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937e

江國香織さんが好きです

どの話もとにかく不思議で、でも、懐かしくなる。小学校の裏庭や焼却炉、病院の三和土、独特の匂い、など、夏の暑い日々の、私たちが小さかった頃の、世界の見え方。それを、そのまま思い出させてくれるような書き方で読者の気持ちをふわりと過去へ戻してくれる。不思議なお話たちでした。さらさらと読めます。 いろいろなことを思い出させてくれますが、不思議と嫌な気持ちにはなりませんでした。文章が落ち着いているからかな。。

約1か月前

ヤモリ、カエル、シジミチョウ

ヤモリ、カエル、シジミチョウ

E28b3c51 cef9 46ea b7db 1095e8687c52

e

ほんのむし

半分くらいファンタジーを読んでる気持ちでいたけど、もしかしたらわたしにも、こういう幼少期があったのかなあ。きょうだいなんだから、言葉を使わなくても気持ちはわかる、なんてこころから思ってる年頃があったのかもしれない。

2か月前

9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c353e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aIcon user placeholder 9