41c38cpn0jl

いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな... 続き

コメント

家族にしかわからない感覚や風景。ふしぎなルール。
秋から冬の日々の移り変わり。
江國香織の描く家族、きょうだいの描写がとても好きだ。
雨の日の「すーん」とした感じ。

その他のコメント

こんな家族いいなって、純粋に思った一冊。
江國さんの描く世界が大好きなのだけれど、日常の中のちょっとした瞬間に実は大切な愛おしいことはたくさん転がってるんだなっていつもハッとする。
雨の日の「すーん」とする淋しさ。
分かるなぁ。

たいていのことは「それほどでもない」のだ。

たとえお隣でも、よそのうちは外国よりも遠い。

その家族にしかないルール。その家族だけの真実。こんな家族に憧れている。

読者

991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea829fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4fEf4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3D2ea44d6 7611 4a34 8670 0563cf87ab82B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2De6be13d cee9 4893 b9d0 b39a77ed099bIcon user placeholderF8533717 c9b1 4b1f 9fa1 9a8bee0eb711 37人

江國香織の本