511dik13wul

忘れない、忘れられない。あの笑顔を。一緒に過ごした時間の輝きを。そして流れ星にかけた願いを-。高校で出会った、加地君と巧君と奈緒子。けれど突然の事故が、恋... 続き

コメント

最愛の人が死んだら…。自分がどうなるか全く想像もつかない。そんな物語。

その他のコメント

数年前に読んだものをもう一度。
確実にあの頃よりも沁みたのは何故だろう。
忘れられないことを苦しむのではなくて、忘れられないほど大切な人に出会えた奇跡を慈しめたらな、とおもいました。

魅力的な人間はどこにいても、何をしていても、いつだって魅力的で僕たちのヒーローだ。

読者

Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Icon user placeholder1b274b27 8d3e 4894 8dee f094d1dfb723Icon user placeholderB8191219 c19b 40db b3ed 4e019d31adb87600cb2c fc70 4aed b7aa e603646c15d1Ad30e989 52f8 4fab b22e c24ad8c5a6423c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333 106人

橋本紡の本

ハチミツ

ハチミツ

7654c38f 2a7a 482c ae61 67580a32ab1f

きなり.

こころがふくふくするような物語が…

男の人が、知ったかぶって女の子の話を書くと残念な感じになるので、書くなら適当じゃなくて、もう少しリサーチしてから書いてほしい。 読み進めるごとに、しらけていった。 女子高生のカバンに、ファンデとか口紅とかは入ってても、化粧水なんて入ってるわけないよ~。

6か月前

葉桜

葉桜

Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1

マシマロウ

若い頃は若い連中が読まないものを…

この類の小説に手を出すのは、世俗の垢にまみれた私にとって、サンクチュアリーとか聖域に踏み込むような気分です。主人公の高校三年生の片思いは、初々しく稚拙だが、それでも若さゆえの脆さ、危うさ、臆病さ、そして何より逞しさに羨望を感じてしまう。 にしても、書家の字に対する思い入れって凄まじいものですね。あと、AKB48のアイドルが解説を書かれていてびっくりしました。

約2年前

0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c6980f83fa 2585 4a68 8371 9a1ccc7b7c14C0e90025 dda0 455b a621 8b871c1c1916
九つの、物語

九つの、物語

C3533d8d a5a3 4ef7 bf91 0ab3530078f5

サリー

ある花屋で働く22歳。

読み終えたくなかった。 ゆきなとお兄ちゃんの日々を、もっと読んでいたかった。

約3年前

3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333C391ee8e 4de3 4dcc bea6 83ce85bba15f3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a 19