512hbdm4u9l

敗戦から2年目、裸一貫になった松坂熊吾は、大阪の闇市で松坂商会の再起をはかるが、折も折、妻の房江に、諦めていた子宝が授かった。「お前が20歳になるまでは絶... 続き

コメント

約30年振りに読んだ。
学生の時に読んだのと、主人公とほぼ同い年になって読むのとでは、面白さが全然違った。
ただ、50になったら、こんな大人になりたかったが、現実は厳しいなあ。

その他のコメント

読者

3ed9eefb d1b8 4b47 b34d 213a0340ad43B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff28cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda640539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d1c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0 7人

宮本輝の本

螢川

螢川

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43

Y.usu.K

本が好きです。

p178 ひょっとしたら宮本輝は人間の生よりも死につよくひかれているのではないか。というよりは、生きの人の世をえがくのに、死がいつも裏打ちになっていてこそ当然だとする態度かと、その絵のありように感懐をおぼえた。

4か月前

蛍川

蛍川

2fa1efe5 87b1 4175 b32f e1eaddd2c33c

Yasuhiro Okano

純文学とS・キングが好きです。

全体的に灰色がかった作品。 思春期の僕は運が良かったと思う。 死と生。 うーん感情が生まれました

9か月前

真夏の犬

真夏の犬

E1562d5e 21ae 427c 8cbf 124bdb642864

tana_aki

読むのは遅いけど本は好き。

内容としては、人間の裏の部分や不条理さを描いた作品が多く、たまにどんよりしちゃうけど、面白さで言うと凄く面白かったです。

11か月前