51gqry24 el

軍部の政略から満州国皇帝弟の溥傑に嫁ぐも、終戦後は夫と離ればなれになり次女を連れて混乱する大陸を流浪。帰国してからは物資不足の苦しい生活、そして長女の死…... 続き

コメント

満州皇室に嫁いだ日本人女性の自伝。満州から見た昭和という意味でも昭和史に興味がある人に必見。

読者

B03891ab 6eb5 4d62 8f99 f11284ff4253

文庫

告白

告白

D7c37ab5 0e96 4d4e bb57 ca73765e1c8e

キャッサ

本が好き

読めば読むほど面白い 何回も読みたくなっちゃう本です。 ラストに衝撃を受けました。

約5時間前

Icon user placeholderC36498cb 5c3d 4242 b1e5 082f49588388Icon user placeholder 238
本当の戦争の話をしよう

本当の戦争の話をしよう

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f

ごまもんがら

本は心を豊かにしてくれる

第二次世界大戦も終わり、日本では平和な時代に、ヴェトナムの内戦に冷戦下のアメリカが介入して、ヴェトナム戦争は20年も続く。 ヴェトナム戦争の映画を見て、もっと兵士の内面を知りたいと思い読みました。 この本では、普通のアメリカの若者が徴兵されて、戦地での殺し殺される世界、死の恐怖により、異常な精神状態になっていく様が描かれている。それは戦争が終わった後も消えることがない。 「もし教訓的に思える戦争の話があったら、それは信じない方がいい。」とある。戦争で得るものは何もない。 短編集ではあるが、何人かの同じ登場人物の物語なので、全て繋がりがある。

約21時間前

A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06Bf292efe c936 4af4 83b3 5778884172ed71f22d9c d011 4388 a625 6db6f0305377 9
三日間の幸福

三日間の幸福

Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de

かずい@ゆっくり読む

自己啓発とかエッセイとかをよく読…

ロクでもない人生を送っていた男が、死に直面することで幸せになっていくお話。 所々のフレーズが好き。 嫉妬で心臓発作、答え合わせ、売れ残りどころか非売品、初めての星空。 さて、これからの人生、どんな風にすごしましょう?

約21時間前

49448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf9Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e 114
ひとりが好きなあなたへ

ひとりが好きなあなたへ

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

私もひとりが好きなひとりです。孤独の中に光を見つけ、孤独の中をひたすらに進む。そんな日々が大切で、その時の自分が本来の自分。そう思っています。家族や友人、その他の人たちと過ごす時間ももちろん大好きなひと時。その時の自分も本来の自分。いろんな自分を見つけられるのは個があるからこそです。現実や痛いところを突いてくる言葉、それなのに燦然と輝く言葉。銀色さん、とても好きです。

1日前

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e7f719b47 b7be 4d2d aac2 b8a8ed90a83b 9