21rdty5wqal

1985年秋、パリの読書界で、一冊の不思議な小説の評判が、除々に、しかし確実に広まっていった。作者は28歳の新人。フランス国内のみならず、国外からも、がぜ... 続き

コメント

こーゆう、キャッチーな、エスプリというか(意味はしらない)、ね。ひとつのモデルではあるし、とっても影響を受けました。風呂入るか飯食うか寝ることしか楽しみない僕には、浴室だけで、楽しくないはずがない。

おすすめに流れてるのを見て、とても懐かしく感じました。
高校生くらいの時に何冊か読みました。その頃はポール・ボネさんとか、シムノンのメグレ警部ものとか、フランスの香りにどこか憧れがあったのかもしれませんね。背伸びしてたのかな。

読者

Icon user placeholder0f7503ec f720 4b67 8326 7397152d217c72efecff 9b0f 4a71 bdcc d9bd5f3db787Adef42da e41e 4fdf b28c 148104043f36 4人

文芸

宮廷神官物語 四

宮廷神官物語 四

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

天青の素直さが眩しいくらい。無鉄砲で向こう見ずで短慮なときもたくさんあるけど、鶏冠に叱られてちゃんと反省する。真っ黒な宮中の中にあって真っ直ぐでいられるのは天性のものなんだろうなぁ。自分が大変なことになるのはわかっていたのに。あの選択は偉かった。 曹鉄のご両親の秘密はついに明かされなかったけれど、天青が村に戻ったらもう少しわかるのかな。 鶏冠!もう本当に…最後の方はもう…なんて言えばいいんだろう。鶏冠に迎えに行って欲しい!

23分前

緑と楯 ハイスクール・デイズ

緑と楯 ハイスクール・デイズ

359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74

暇人

本の感想を書く場を求めて

校内トップの秀才である緑は、夫婦喧嘩の絶えない荒んだ家で安らげない日々を送っていた。 そんな彼が、「自分とは縁のない奴」と思い一方的に嫌っていたのが、男女問わず惹き込む魅力がある皆のアイドル的存在、楯。 ひょんな事から楯に惹かれていく緑が、自分の変化に戸惑い悩みながらも楯と親しくなっていく、そんな恋愛小説。 ジャンルとしてはBLになるのだろうけど、好きな人のちょっとした表情に喜び、不安になり、どうすれば好きになってもらえるかと煩悶する様子は普通の恋愛小説と変わらなかった。人が恋で悪戦苦闘する様を見てにやけたい、ラブコメ好きにはうってつけかと思われる。 時代設定は何気に2050年代の未来なので、SF的要素も所々あったり、物語の味付けに一役買っている。緑と楯は作者の他の作品に何度も登場している二人なので、今作が気に入った人は既刊本もおすすめです。

約9時間前

ドアを開けたら

ドアを開けたら

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

仲の良かったおじいさんの遺体を見つけたのに通報しなかった主人公の鶴川さん 逃げ出す場面を携帯で撮られ 高校生の男の子に脅迫されることとなった その高校生と再び現場に行くと遺体がなくなっていた 真相を知るため調査を始める2人 いつの間にか世代を超えた友情のようなものが生まれてきた 誰もが悩みをかかえ 時には逃げ出すこともあるかと思う 真実を知ろうともせず1人を責め 本当かどうかもわからない噂を流し 反論すれば余計に悪者扱い 言われた本人の気持ちを考えたら無責任なことは言うべきではない 言われたことが事実なら本人にも責任はあるのだが

約10時間前

3c58a9a2 b3d1 433a a11b ea0da0b53f504da4ae06 6dda 4ad7 9545 7dddacac8374