31kwnzfmbml

コメント

今よりはもう少しシンプルな時代にあっても女がふと立ち止まる感じは不変的。一人旅のお供に。

貝がらをモチーフにして女性の生き方を内省する。

大学のときreadingの授業で、これの原文が課題だった。華やかな出で立ちの教授が、無駄のない暮らしの作品を教材にしてたのが印象的。学生の時より、今読んだらもっと共感出来そう。

リンドバーグ夫人の
こころが安らぐ
日々の暮らしのお話

読者

8c71de8e 6cf1 4c8b ad8a 0ca7701321077fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34Fc3bdfc2 126b 4c95 91c4 4a807cabe25fF179be5f e1d3 48aa ba80 3c9c277a7ff312643eda 9094 4c65 9828 81ce6de589f0847d8ed8 3c78 486a 9f0f 3ef73a86ebc62a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718 8人

文庫

父と暮せば

父と暮せば

0dd31ca7 cb82 4ea8 94ad 0aa0cbeb7bae

こんな短い中で原爆の恐怖、人間としての生きるということに考えさせられた。

1日前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affIcon user placeholderIcon user placeholder 8
よもつひらさか

よもつひらさか

5c74e92a e061 464d 8727 474760c2e12b

船星あやめ

新垢。基本的には記録用です

今邑彩さん大好きですが、その中でも一番。出会ったのは何年も前ですが、何度読んでも引き込まれます。短編集なので読みやすい。中でもタイトルのよもつひらさかが特におすすめ。

2日前

De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0A4180189 89b9 491c abf7 d03e985ee44a5804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9ab 12