31kwnzfmbml

コメント

今よりはもう少しシンプルな時代にあっても女がふと立ち止まる感じは不変的。一人旅のお供に。

貝がらをモチーフにして女性の生き方を内省する。

大学のときreadingの授業で、これの原文が課題だった。華やかな出で立ちの教授が、無駄のない暮らしの作品を教材にしてたのが印象的。学生の時より、今読んだらもっと共感出来そう。

リンドバーグ夫人の
こころが安らぐ
日々の暮らしのお話

読者

D825393a c1fe 4f94 aac8 53ef8a5093f38c71de8e 6cf1 4c8b ad8a 0ca7701321077fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34Fc3bdfc2 126b 4c95 91c4 4a807cabe25fF179be5f e1d3 48aa ba80 3c9c277a7ff312643eda 9094 4c65 9828 81ce6de589f0847d8ed8 3c78 486a 9f0f 3ef73a86ebc62a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed 9人

文庫

FINE DAYS

FINE DAYS

0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c6

 

こういう本も必要なのだと思う、少なくとも私には。 ささやかな幸せと少しの苦しいこと。 うまく生きれないところに共感を持てる。 私自身長編の本が好きなのですが、この本はスラスラと読めてしまいました。

約10時間前

D5046ce6 09d7 48a4 90d2 fad3d78f67a80cf11b6c 9f4b 478e 8985 abd5899ecbce0e269e4b 9611 47e2 8dde 8ec5d54045e1 9
京都府謎解き散歩

京都府謎解き散歩

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

京都に関する謎(雑学)と、それらに対する回答を集めた本。 大納言小豆の由来など、読んでてなるほどと思わせるものもあるが、質問に対する答えになってないものも多く、ちょっと微妙だった。

約13時間前