Btn appstore Btn googleplay
51oojavkoml

ワケあって、田舎暮らし、はじまる。 苦戦した就活でどうにか潜り込んだ先はブラック企業。働き始めて一ヶ月で辞職した。しかし、再就職のアテもなければ蓄え... 続き

コメント

2019/9/16 74歳で死んだ父を思い出す。人生の幸せ、この歳になって、じっくり振り返るのもいいかと思う。

読み終わってしまうのがもったいないと思えるような本でした。目の前にしっかりと景色が浮かぶような描写が、あたかも自分の目で見ているような気持ちにさせてくれます。何度でも読み返したい、気持ちの良い一冊。ここ最近で1番心に沁みた本。

読者

F4ca47e6 4be3 4a65 934a 9aa505560dab9f06b23d 4c9a 4215 88f9 249546724a9990555fb9 81fb 4433 af61 39c035083a4dIcon user placeholderIcon user placeholder531459ff 570c 4dec b1f6 bc840f7e5c82Icon user placeholderD1227b35 5445 484c b871 2372938a6408 12人

はらだみずきの本

銀座の紙ひこうき

銀座の紙ひこうき

Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7e

たつや

好きな言葉

別の職業になりたかった新入生サラリーマン。仕事を覚え、中学校から好き好きだった子に再会したり、しながらなりたい自分に近づけるのか。

7か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder
たとえば、すぐりとおれの恋

たとえば、すぐりとおれの恋

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

人は、人を理解するために、 どれくらいの時間が必要なのだろう。 なにを知れば、 その人とわかり合えたといえるのだろう。 男女それぞれの視点から物語は進みます。 不器用なふたりがもどかしくも愛おしい。 他人を知ることはとても勇気のいること。 果たして、真実を知ることは最良の方法なのか。 すれ違いながらも歩み寄るふたりの心に、「頑張れ」と声をかけていました。 もしかすると、自分自身への声かけも含まれていたのかもしれません。

約1年前

Icon user placeholderEfb31295 6ffe 4bd4 adab b364bbfddc65
帰宅部ボーイズ

帰宅部ボーイズ

93f59806 bff2 469e a1c6 e7736b10e57d

小説 漫画を中心に

つまらない毎日を変えようと試行錯誤を繰り返す姿にとても憧れる

約5年前

0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a002eb75655 06d4 4cff a52d 2689f11d5dbcCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184 10