512jxbrzvvl

コメント

たとえ精神異常者でなくとも、状況が整えば残虐なことは行えるのだな、と。

読んでいると、とてつもない不安感に襲われる。自分が今まで信じてきた何かが根底から揺さぶられる感覚。罪とは何なのか?事象が罪なのか、それとも事象に伴う心象が罪なのか?

大学入試の問題で出題されていて、興味を持ったから読んだ。
記念すべき俺の遠藤周作デビュー作。

傑作。罪の意識は神に依存するのか。神なき日本人に罪の意識はないということか。結局のところ日本人は罰に怯えて罪を犯さないだけで、罰なき罪を罪と捉えてないということか。当たり前だがいろいろ考えさせられる。

九州の大学病院で行われた米軍捕虜生体解剖実験。人間とは?罪の意識とは?究極の問いは、戦争末期における実在した事件を題材に描かれる。

「夏の葬列」に近い雰囲気を感じた。戦争末期の陰鬱とした破滅へ向かっている雰囲気、戦時中を生きた人間が戦後どう生きているのか、全編を通して嵐の前の曇り空のような物語だった。
善悪の基準は時代によって変わると言うが、根本の部分はどの時代も変わらない。そう思っていたが、そうではないのだろう。というか、善悪の基準は変わらなくても、自分の行いが善であるか悪であるかを判断する「自分自身」というものは時代や状況によって容易に変化していくものだと思った。

強いものが定めたものが正義でありその強者覆る時正義が悪に変わる

終始漂う陰鬱とした雰囲気と登場人物達の絶望感が良かった。
面白かった!

読んでおきたかった本、という事で手にとってはみたが、期待外れだった。いわゆる戦争物、加害者側のストーリーで読ませる作品なら他に名作があるし、人間とは?のテーマはまさに文学・哲学の王道、この作品がそこに並ぶのには少し違うのでは、と思った。日本人論としても、祖先神信仰から仏教との融合、独自の風土性と合わせて論じた和辻哲郎の「風土」の方が断然面白い。いわゆる無神論は日本人の大多数に当たらないし…。クリスチャンじゃないという程度で「神の不在」を主張し、作中の精神的主犯格はその幼少期から道徳心の欠如を本人が痛感しているという土台の上で、捕虜の生体解剖事件を取り扱い、それを日本人の罪の意識とは?と広げられても何だかなぁと思う。本作で著者が描きたかったものには共感も納得もしなかったが、それでも作中に一貫する厭世と倦怠の泥沼状況、凡てどうにでもなれという投げ遣りさの振り切れ方、みんなが何かを壊され、壊してやろうとする心の曇り具合はある意味凄かった。解剖中、普段と何が違うのか、それが分からないといい、分からなかったのが全てだったのかと思った。

重々しいこの感じ。日本人とは何かと考えさせられた

何が良くて何が悪いかの判断を周りの目や状況で決めていたかもしれない。

自分の価値観や倫理観が揺らいでとても楽しい

作品全体を包み込むような倦怠や閉塞といった感覚が、当時の社会全体の雰囲気を物語る。
救いようのない程の渇きが、人から理性や良識を奪い合わせるのかもしれない。

戦争末期の大学病院で実際に起こった生体解剖事件をモチーフにした小説。極限であればこそ、己を律するのも罰することができるのも己しかいないのだら。20170318

高校生の時に途中まで読んだ本。人間は環境で心理状態が変化して行くことや、人間という生き物の恐ろしさで読むのをやめてしまった本。
どうしても感情移入してしまうから、客観的に読めるようになったらもう一度読みたい。

終わり方が好みです。とりあえず読んどかないとと思い読みました。

ウッとなる
良心てのはどこにあるんかしらん

読者

Cc6fcec3 d1dd 4fb7 97dc 155aaca949c1Eb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e76264Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd82385d1ee bd85 4518 a007 05cc131e3955Fdcb1174 2da0 4636 94e3 92013ef3f4c303db1d33 cc40 4621 92ad b7dd196c52bbIcon user placeholderE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab 67人

遠藤周作の本

結婚

結婚

Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c

しずか

本、読む人の横顔も好きです

古本屋で購入。結婚に纏わる短編集。恋愛の中にあるなんとも言えないニュアンスが沢山詰まっていた。現代の誰もが思い描くようなものから、昔の結婚特有のものまで。散りばめられた表現もいい。作品、どれもひとつひとつが柔くささる。

12か月前

真昼の悪魔

真昼の悪魔

Icon user placeholder

Chie Mochida

若い頃に読んだ記憶で後味の悪さと薄気味悪さがずっと心に残っていて、何かの拍子にまた読み返してみたいと思い読み直してみたら、ほとんど覚えていないにもかかわらず神父さんが出てきて、それこそエクソシストばりになった記憶があったけどそこまではいかなかった。が、今読んでもやっぱり気持ち悪さが残った。病院という場所に悪魔的な物が潜むと、人1人の命など容易くどうにでもなるんだと。悪魔とはサイコパスなのか?それともサイコパスは悪魔が宿るからそうなるのか? 秀作は何年経って読んでも色褪せないしむしろ歳を重ねて読んだ方が合点がいくことが多くなるから、それも怖いな。

1年前

Icon user placeholderIcon user placeholderD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86
新装版 海と毒薬

新装版 海と毒薬

252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c

あやう

SFが好きなグラフィックデザイナ…

伊勢神宮にお参りに行ったとき友人が、外国観光者向けの看板を見ながら 「日本の神様をGodって訳すとニュアンスが違うよね。Spiritとかのほうがあってる気がする」 と言っていました。(友人はキリスト系の大学卒業) Godの概念を理解するのはとても難しそう・・・と思いながら手に取った一冊。 とても読みやすかったです。 「こう、人間は自分を押しながすものからー運命というんやろうが、どうしても逃れられんやろ。 そういうものから自由にしてくれるものを神とよぶならばや」 ↑96P、主人公と一緒に生体解剖に参加する医学生、戸田のセリフ。 強い力に押し流されそうになったとき、自分を押し留めてくれるのが、神なのかもと思いました。 すっかりグローバル時代になり「神なき日本人」と語られることも多い私たちですが、 神がないと人は正しく生きていけないのか?とも思う今日この頃です。

1年前

Icon user placeholder6bb79bd8 06d8 48ea b1cc 7c2be6637bfa98d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69