512jxbrzvvl

コメント

戦争末期の大学病院で実際に起こった生体解剖事件をモチーフにした小説。極限であればこそ、己を律するのも罰することができるのも己しかいないのだら。20170318

その他のコメント

たとえ精神異常者でなくとも、状況が整えば残虐なことは行えるのだな、と。

読んでいると、とてつもない不安感に襲われる。自分が今まで信じてきた何かが根底から揺さぶられる感覚。罪とは何なのか?事象が罪なのか、それとも事象に伴う心象が罪なのか?

読者

D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f90dbe77a8 a5b5 48fa b6ab 0caf4893163705b76f0f 8b0c 4d32 9574 36be340def814fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f73F1ea6658 a250 4686 b345 88183bd3539e43974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5d5dcc60b8 4707 48e7 8e40 3a67c65f1ac2Dd666015 f22c 49e4 9ec1 183b5001736a 31人

遠藤周作の本

51tezpqldvl
6c54741d 4c86 487b ac23 922437e47ab5

aker_log

書店員+みつばち古書部//SF/…

P58 信じるとは知ることと違うのですから。

約1か月前

51ecpdkgafl
9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55

じゃなせ

雑食(何でも読みます)

ドモリを理由にいじめられ、動物との交流に生を求めた一平と、その幼友達の朋子。2人の人生が交わり、離れ、そしてまた交わる。交わるたびに、人間の汚さ、動物の無垢さを知り、落胆し、後悔し、だが、強くなる。その交錯を繰り返し、2人は自らの生き方を見つけていきます。 遠藤周作氏の作品としては、映画化もされ話題となった「沈黙」や「海と毒薬」などが有名です。ですが、私は、特に若い方にとっては本作こそ、これから歩む人生に一石を投じてくれるもののような気がします。一平の愚直さも去ることながら、朋子の現実的な女の視線、生き様。読む方によって、揺れ動かされる部分は異なるでしょうし、読後感もかなり違うのではないかと思います。 読書好きのご友人と読後感を共有し合う事で、更に本作で描かれる「彼の生きかた」が違って見えることと思います。春のうららかな陽気の下で読むお供に。

2か月前

21a9lrfdw l
8b21d536 8a5d 457e ae55 24cd1f5026d4

marz

漱石→三島→小林→聖書

「新約聖書の面白さは、これらの臆病で卑怯で弱虫だった弟子たちがイエスの死んだあとは殉教するほど強く変わった過程を書いているからだ。」我々と聖書をツナグ強い理由が此処にある。

5か月前

41kvtq40v4l
3dcbdc7b 6a3a 4f28 9e9d 57e1addaf204

かしこ

長崎が大好きな、長崎出身・福岡在…

自分が生まれて育った街を知るために、遠藤周作さんの作品は欠かせない。作り話なのか、事実なのか。どの作品も、心が昂る。

8か月前