413m97dmx3l

横須賀に巨大甲殻類来襲。食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。孤立した潜水艦『きりしお』に逃げ込んだ少年少女の運命は!?海の底から来た『奴ら』... 続き

コメント

最後の100ページくらい、一気読み!茂久の潜水艦を出るときの言葉にウルウル。恋愛なしのお話かと思ったけどハッピーエンドがよかった。

その他のコメント

読者

3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e5310be94a8 f86d 401d 8bca 83a5e1a3e43f7c566c23 5b02 4388 889a 6c8929198ce0B4afb615 d2df 4e2e 8c2a e5af57153fbeIcon user placeholder4ec31c00 de3c 46bd a047 3ddfdf3fc902614e170f a330 43ad b0d6 8dcc4017e9ecIcon user placeholder 10人

有川浩の本

ヒア・カムズ・ザ・サン

ヒア・カムズ・ザ・サン

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

登場人物や設定は同じなのに、ストーリー展開が違うだけで、こんなにも父親像が変わって見えることに驚かされた作品。 それに、2つ目を2つ目に持ってきたところがまたいい。逆だったらこんなにも心に残らなかったと思う。 「親は立派な人であるべきだっていうのは、子供の幻想」だから「諦めろ」のくだりは、皆が一度は通る道なのかもしれないなぁなんて読後感。

8か月前

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddC2952b28 ce5f 4d28 a16a 0c9e21412e40Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e 30