51likodxxsl

両親の離婚をきっかけに家出し、海を目指す少女の切ない冒険。交通事故で急逝した娘の代役として若作りをして成人式へ出席しようと奮闘する父と母。喪失から始まる、... 続き

コメント

短編集。
表題作は、大物俳優も通いつめていたという海辺の町の理髪店に髪を切りに行った「僕」は店主の昔語りを聞く、といった内容。
最後の3ページでこの話は全く別の話になる、この仕掛けによって良い話に仕上がってる。
まあでも直木賞ってほどでもないとは思う。

その他のコメント

6話の短編集
親子関係や夫婦関係を題材にした家族小説なので 日常的な 時にドラマ的な感じです

読者

Icon user placeholder0eac19a0 55f3 4c5d 80a3 c8e242b8f359D06dc33b 76b1 4228 907a b11f520bdeb0Ebd142ef 988c 43e4 bc30 62c5c4356de776bcd2a4 a2b4 489e bd45 1cef790d845fIcon user placeholderEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09D256cec4 eee8 434e a8d5 bd388a139bc6 40人

荻原浩の本

明日の記憶

明日の記憶

66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d

はらやん

東京都の小学校の教員です

記憶がなくなっていく様子がさりげない表現で伝えられる。ラストが切なすぎ。

12日前

6a768b94 76a7 4944 9417 0cf2a911f8e7923d85d8 e29e 4f1c b473 cdc8a2599f74Icon user placeholder 10
逢魔が時に会いましょう

逢魔が時に会いましょう

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

女子大生真矢(まや)と民俗学者の布目准教授、2人の妖怪を巡る珍道中を描いた3つの短編が収められた作品集。 なぜか妖怪を惹きつけてしまう特異体質の真矢と古今東西の妖怪研究に没頭する布目の名コンビが座敷わらし、河童、天狗たちの謎にゆるーく迫る。 同じ作者の「愛しの座敷わらし」以来、座敷わらしファンになってしまった私には、特に本書の「座敷わらしの右手」は久々の再会といった感。 貧しさやひもじさに追い詰められた人間たちの苦しみ、良心の呵責、そしてその捻れから生み出された座敷わらしという妖怪の健気さに胸がしめつけられる。 布目教授の解説を読んでいると、どの妖怪も人の暮らしや人の思いの中から生まれ、育まれた賜物たちという気がする。 つまりは私たち人間の落とし子だと。

3か月前

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacDbd9413e d059 40e8 b24a d4cedc5e0fd91b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8 14
海馬の尻尾

海馬の尻尾

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

反社会性パーソナリティ障害をもつヤクザの話 人を殺すことに躊躇いを持たない主人公が カシラに言われて アルコール依存を治すため精神科に通い 敵のヤクザを殺してしばらく身を隠すために 治療センターに入院することにしたが そのセンターの異常さに みんなを連れて逃げ出すことにした 他にもウィリアムズ症候群の子供や ウルバッハ・ビーテ病の男性がいるが 共通項は恐怖心がないこと センターの治療が効いたのか 入院先の人との繋がりが効いたのかはわからないが 主人公に少しずつ 共感力がついてきて恐怖心もちょっとずつわいてきて 人間らしくなっていく様子がよくわかるし 知り合った子供を気にかけるようになったことは進歩だと思う 誰かの為に一生懸命になるのは 主人公にとってきっと初めての気持ちなんだろうな

6か月前

7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Icon user placeholder