41q1vthezel

四国の図書館に着いたカフカ少年が出会ったのは、30年前のヒットソング、夏の海辺の少年の絵、15歳の美しい少女-。一方、猫と交流ができる老人ナカタさんも、ホ... 続き

コメント

幻想的と言うか抽象的と言うかなんというか…。でも、みんなが一度は読むといい本だと思う。ホシノ青年が好き。

「私が私でありながらすきまなくあなたの一部になるのは、とても自然なことだし
一度馴れてしまえばとても簡単なことなの。空を飛ぶのと同じように」

先の読めない展開に引き込まれます!

「耳を澄ませるんだ。はまぐりのように注意深く」「ナカタにはそういうむずかしいことはよくわかりません」

村上作品に出てくる男性の生活描写が大好きです。
規則正しい生活、魚を中心とした食事、こまめな洗濯、きっちりと折り目をつけたアイロンがけ、少しの筋トレ、村上さんご自身が専業主夫をしていた経験からなのか、とにかく読んでいて心が穏やかになります(笑)

うまく言葉にできないけれど、世界一タフな15歳であることは間違いない。さようなら、田中カフカ君。

セクシーマザーファッカー

Einstein on the Beach
"浜辺のアインシュタイン"
をもじって
Kafka on the shore

再読。父親にも母親にも愛を与えられず、でも彼らの血は「呪い」のように「僕」の中に流れていて、「自分」というものがわからなくて、立ち止まったり悩んだり苦しんだりするけれど、もがきながらもタフに生きるカフカ少年の生き方に勇気をもらえる物語。

カフカと大島さんと佐伯さん
ナカタさんと星野くん
2つの別々のストーリーが徐々に接近していく。

結果として2つの関係性はイマイチわからず。
ナカタさんが星野くんの手助けで一つ一つ問題を解決しながら、意志というものを持ち始める所で亡くなってしまったのが痛すぎる。
純粋な心で素直なナカタさんとやんちゃながらも人の良い星野くんのコンビはとても面白かっただけに残念。
途中からカフカの方は同じことの繰り返しでつまらなかった。内容もしょうもない。

15歳、自由を夢見て、自由になれない時。そして、その事に気付くとき。

私にとってもそうだった。
だからこの物語自体が、壮大なメタファーだったと思う。

大人になるって、きっといろんな事を許せるようになること。
村上春樹さんにしか書けない青春小説。

読者

B0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baC86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c77755b625 bd3d 4741 b38c a2b0d2879bb60970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aA248c613 2827 4f65 ac63 3e4543d5a74f755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3Icon user placeholder 117人

村上春樹の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

19日前

0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc6680e02f84 921f 4faa be0d 64c6a3f8a453 22