41q1vthezel

四国の図書館に着いたカフカ少年が出会ったのは、30年前のヒットソング、夏の海辺の少年の絵、15歳の美しい少女-。一方、猫と交流ができる老人ナカタさんも、ホ... 続き

コメント

その他のコメント

「私が私でありながらすきまなくあなたの一部になるのは、とても自然なことだし
一度馴れてしまえばとても簡単なことなの。空を飛ぶのと同じように」

読者

Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb4498f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa2cd9ea8f e4f1 4dd5 8dc8 75fd475bf2a0931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef34a35472 98c6 4cf5 9fe3 2025940a98bb412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4 50人

村上春樹の本

41oybner4pl
#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007fb585260d80>

ハイパラ

年に50冊は読みたい!よろしくど…

村上春樹の作品、実はほとんど読んでいません。(^^;;が、この本は良かった!村上春樹が語る「村上春樹」。共感というか、「繋がる」という感じ。ご本人の受け売りですが。(^^;;小説、毛嫌いしてましたが、読んでみようと思います。

5日前

Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae00139ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0F23507d4 4c44 4905 bd44 14be90bf1684 20
41jpql7jx7l
Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7

やすやす

会社員す

村上春樹は好きなんで。彼の執筆方法がよく分かります。彼は長編を書きたいのだが、やはり短編とかエッセイに良さがでると思う。仕方ないね。それと対談でよく分かるのだけど、それぞれの専門分野は聞きかじりの域を出ない。なので発言の全てが正しい訳じゃないというスタンスで読むのがよろしいかと。対談はフィクションじゃないので。まあ、どう受け止めるかは人それぞれなんでご自由に。 ___ とか書いたけど、いやはや小説って奥が深いんですね。そうやって書いてるんだとか、ああ、そう読むのね、とか。まあ、あんまりマニアックな読み方してもしかたないんだけど、作家も努力してるんだな、ということはわかった。長編は食わず嫌いでしたが、読んでみます。 _____ ようやく読了。後半エンジンかかってきて、川上未映子も司会の役割を逸脱したりして。でもまあ村上春樹って、変節しない頑固な努力家だったんですね。「物語はそう簡単にはくたばらない」という言葉に、これからも彼の作品を読み続けてもいいんだ、と救われた気がしました。最近は隠れキリシタンな気分だったんで。この本を読んで良かったとしみじみ。

22日前

F6a4cb47 f782 4267 a852 5047a594aa192739906e b673 4af1 be32 65b91d45841c8412b8f1 871e 4f2f bc22 7c0221344a1e 8
61kixwxnpll
Ac6031c8 0f43 44fc a7e4 44e4cfaed527

szm

Szm

装丁のカラー写真も豊富に、著者の翻訳仕事がざっと展望できる。 柴田元幸との対談も充実。二人の翻訳の姿勢の違いが面白い。この二人が話すと翻訳というのがどういうことなのか分かりやすい。 別に春樹ファンでなくとも関係なく読める。 翻訳スキルを高めたい人はもちろん、翻訳をよく知らない人にも面白いのでは。 硬くなく読みやすい。

28日前

6c85bf1c 3d04 4ea3 9f3b cb6c0d54ed4980c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f6932a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b 10