Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41q1vthezel

四国の図書館に着いたカフカ少年が出会ったのは、30年前のヒットソング、夏の海辺の少年の絵、15歳の美しい少女-。一方、猫と交流ができる老人ナカタさんも、ホ... 続き

コメント

15歳、自由を夢見て、自由になれない時。そして、その事に気付くとき。

私にとってもそうだった。
だからこの物語自体が、壮大なメタファーだったと思う。

大人になるって、きっといろんな事を許せるようになること。
村上春樹さんにしか書けない青春小説。

その他のコメント

幻想的と言うか抽象的と言うかなんというか…。でも、みんなが一度は読むといい本だと思う。ホシノ青年が好き。

読者

E034a2e8 2cef 4b01 87f7 57c5b80f7260C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7bF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241241aede7 214f 4fd7 92fd 82afbc39c27673bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bEf51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9Icon user placeholder 73人

村上春樹の本

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

バビロンに帰る―ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック〈2〉

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

昔から好きな作家だし訳者だし、ほぼ全部読んでるはずだし再読するか、と思って手にとってみたらこれが未読の〜正確にいうと短編5編のうちいくつかが読んだ記憶のないもの〜作品集でなんか得した気分。短編と訳者である春樹さんのエッセイ、それに作者の「再発見」に貢献した文芸評論家の序文が収められている。「不躾なくらいに気前よく才能を撒き散らす作家」と訳者が言うとおり今読んでも古さを感じない作品ばかり。特にタイトル作は何度読んでも味わい深く素晴らしい。

約1か月前

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

8か月前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa46dbdc6a4 9d7e 4688 a23d b7db3958e1b5