51a1sd0fkol

発行元から

七人もの人間が次々に殺されながら、一人の少女が警察に保護されるまで、その事件は闇の中に沈んでいた-。明るい人柄と巧みな弁舌で他人の家庭に入り込み、一家全員を監禁虐待によって奴隷同然にし、さらには恐怖感から家族同士を殺し合わせる。まさに鬼畜の所業を為した天才殺人鬼・松永太。人を喰らい続けた男の半生と戦慄すべき凶行の全貌を徹底取材。渾身の犯罪ノンフィクション。

目次

第1章 十七歳の少女
第2章 松永太と緒方純子
第3章 一人目
第4章 緒方一家
第5章 二人、三人、四人目
第6章 五人、六人、七人目
第7章 松永太の話
第8章 消される二人

文庫

世界の終わり、あるいは始まり

世界の終わり、あるいは始まり

A65a3b75 57ee 4fe6 8ebe 5cfff9275cf7

str

偏食

半分ほど読み、この小説の構成を理解し、楽しみながら最後まで読みました。面白かったかと聞かれれば、面白かったと答えるが、どこか消化不良感が否めないのも事実。歌野晶午作品は数種類読みましたが、この作品は私にはあまり合わなかったかな、というのが正直な感想。

約21時間前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec061ececf a88a 4645 acd6 4dca1be4cf997262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d 21
ハサミ男

ハサミ男

A65a3b75 57ee 4fe6 8ebe 5cfff9275cf7

str

偏食

非常に上質な叙述トリック。文章の構成が練りこまれているので、非常にテンポよく読めた。謎が明らかになった時には思わずページを戻して色々な場面を読み返してしまった。この本を手に取った瞬間から騙されていたといっても過言ではない。記憶をなくしてもう一度読んで、全てが明らかになった時の快感をもう一度味わいたい。

約22時間前

200b526f 0c51 4923 9a31 572a92a046628d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97 118
古都

古都

A65a3b75 57ee 4fe6 8ebe 5cfff9275cf7

str

偏食

海外作家ばかり読んでいた頃にふと良質な日本の文章が読みたくなって読み始めました。初めて読んだのは中学生の時でしたが、大人になって読み返すと文章の美しさに心打たれました。1961年の京都の風景が、数奇な運命を持つ双子の姉妹を主人公に、切なさ、儚さ、憂い、美しさを帯びて表現されています。とても良い小説でした。

約22時間前

78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cceC6743f05 5a1b 479c 8c59 a350d452bdc82feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592 16