51a1sd0fkol

七人もの人間が次々に殺されながら、一人の少女が警察に保護されるまで、その事件は闇の中に沈んでいた-。明るい人柄と巧みな弁舌で他人の家庭に入り込み、一家全員... 続き

コメント

その他のコメント

なんでこんな本買ったんだろうと思うけれど、新潮45の文庫シリーズを意外と読破しているので、好きなのかもしれない。

タイトルの通り、北九州であった事件をテーマにしたもの。
とにかく酷い。グロい。えげつない。
世の中で一番怖いのは、やっぱり人間。

マインドコントロールや殺人の細かな様子が地元の言葉で語られる。辛い。

読者

Icon user placeholder983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65668097f8e 43c3 4421 9b93 27e597768e40Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921847fce8781 13dc 4e0c a5af d59a0310ec51 16人

文庫

アンドロメダ病原体 (ハヤカワ文庫 SF (208))

アンドロメダ病原体 (ハヤカワ文庫 SF (208))

D7c23089 7448 45fa a433 483c46fbe5c9

半匠・鳳・みけねこ太郎

化学・食品・植物・微生物あたりを…

研究者が実際に一喜一憂する点を見事に一冊の小説に綴り上げており、その作風は映画「オデッセイ」の原作である「火星の人」を思わせます。あまりにもリアルで、一種の思考実験のような雰囲気さえあります。小説に手を染めたい理系はまずはこれを読むべきでしょう。

約2時間前