Btn appstore Btn googleplay
51a1sd0fkol

七人もの人間が次々に殺されながら、一人の少女が警察に保護されるまで、その事件は闇の中に沈んでいた-。明るい人柄と巧みな弁舌で他人の家庭に入り込み、一家全員... 続き

コメント

自分の記憶より凄まじい事件だった

その他のコメント

なんでこんな本買ったんだろうと思うけれど、新潮45の文庫シリーズを意外と読破しているので、好きなのかもしれない。

タイトルの通り、北九州であった事件をテーマにしたもの。
とにかく酷い。グロい。えげつない。
世の中で一番怖いのは、やっぱり人間。

マインドコントロールや殺人の細かな様子が地元の言葉で語られる。辛い。

読者

Icon user placeholder983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4Be36368f 287b 4b67 9606 3b8972b2ff9b68097f8e 43c3 4421 9b93 27e597768e40Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921847fce8781 13dc 4e0c a5af d59a0310ec51 16人

文庫

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

魅惑の「使用人」ミステリ。 米澤穂信のダークな側面を堪能できる連作短編集。 最後の一行の破壊力に特化した構成が素晴らしい! 注意して読まないと、その意味に気づけない所があるので、ボーッと読まないで集中して読みましょう。

2日前

B17a9482 7484 4234 97ac 278f56a259f6Dd56be2c 1bc9 4001 87d0 1b8efcf61d12Icon user placeholder 98