Btn appstore Btn googleplay
51a1sd0fkol

七人もの人間が次々に殺されながら、一人の少女が警察に保護されるまで、その事件は闇の中に沈んでいた-。明るい人柄と巧みな弁舌で他人の家庭に入り込み、一家全員... 続き

コメント

なんでこんな本買ったんだろうと思うけれど、新潮45の文庫シリーズを意外と読破しているので、好きなのかもしれない。

タイトルの通り、北九州であった事件をテーマにしたもの。
とにかく酷い。グロい。えげつない。
世の中で一番怖いのは、やっぱり人間。

その他のコメント

マインドコントロールや殺人の細かな様子が地元の言葉で語られる。辛い。

自分の記憶より凄まじい事件だった

読者

Icon user placeholder983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65668097f8e 43c3 4421 9b93 27e597768e40Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921847fce8781 13dc 4e0c a5af d59a0310ec51 16人

文庫

陰陽師

陰陽師

Icon user placeholder

読書メモ

記憶と記録に

 小難しいことは考えず、この作者の紡ぎ出す言葉の世界に浸っていれば、辺りは平安、隣に晴明と博雅がいる。夜分に読む方がこの本には合っている。そして読み終えると無性に京都に行きたくなる。

約2時間前

8ec1b7ac ebe6 4fd6 833b d621d1d7df7fB0309a9e 8c78 4d80 bcb4 2d7e8f5754f887553a24 2a2b 413b b90a 4bfe1ec5e1c2 26
ダ・ヴィンチ・コード(上)

ダ・ヴィンチ・コード(上)

Icon user placeholder

読書メモ

記憶と記録に

 この作者のシリーズは、思わず自分でも調べてみたくなる、本当にあったことなのかもしれないと思わされるだけの情報量に裏打ちされた面白さがある。  圧倒的な情報量だけにペダントリーに陥ってしまいそうなものの、それを感じさせないのは、作者の構成の妙と訳者の腕がよいからだろう。  そのままでも楽しめるが、読者側にある程度の予備知識があるとより楽しむことができるのは言うまでもない。

約2時間前

F004108d ffc3 4338 8676 47e03e125486Icon user placeholder0c952269 28a2 420d 81a6 620fbacd0e9a 44
容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

Icon user placeholder

読書メモ

記憶と記録に

 読者は犯人がわかっている。どのように殺人が行われたかも。しかし読み進めれば進めるほどに、なぜか犯人たちが捕まらない。手が届きそうなのにあと少しで捕まえることができない。もっと言うならば、その手を伸ばす方向がどこかずれている。そんな感覚を最後まで抱いて読み進めることになる。  そのズレや違和感が終盤になって解決されるときの衝撃と爽快感には思わず唸らされてしまった。  映画は見たことがないが、きっとこれは小説で読むからこその面白さがあるものだ。

約2時間前

224b5793 60fb 4612 bf1c a2c36808885c96977a0d 62d9 4140 94c7 f1f8cc728dc28469ba0c 4257 4a24 9415 499470759975 203
アンネの日記

アンネの日記

172a9e00 7983 4307 ae73 c6b79209f1c2

ryousan-1110

アンネ自身の短い生涯が素晴らしい構成の小説のよう。 彼女はナチスの卑劣さを伝えるために日記を綴ったわけではなかった。人と人との関係や、生きることに苦しみ、それでも溌剌に生きた彼女と、対照的に傷つきやすく感度の高い、心の中のアンネがいる。この二面性に気づき、正確に表現できているアンネの思考力と文章力は幼いながら、かなり高い。もし生きていれば、素晴らしい小説家かジャーナリストになったように思う。アンネがそう望んだように。  

1日前

E4cbd0fe 281d 4ee6 b985 81e456ad4b55Icon user placeholder8532dcd9 44e4 4dcc a01a 2f649f79bb26 13