51b24akvwbl

アンカラでは一人のトルコ人女性を訪ね、東京から預かってきたものを渡すことができた。イスタンブールの街角では熊をけしかけられ、ギリシャの田舎町では路上ですれ... 続き

コメント

十五章の格好良さ。

その他のコメント

かなり落ち着いてきた感じがした。
パルテノン神殿のところが哀愁感があって好き。

読者

9440ca99 c408 41f9 8f6c 6585664366ae43ff2f18 8584 40b2 ba41 94cb2159547e75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e933c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73732ae0ddd 4da0 4fc1 972b 8875ec54d0b0E8e7efb3 e061 4dcb b68d d92b19e44a1fBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bC1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4 22人

沢木耕太郎の本

246

246

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

3月28日金曜日の日記、当日は連合赤軍事件で後に死刑判決を受ける坂口弘の最終弁論の傍聴に出かけている。被告の必死の命乞いに顔を正視することができなかった小雨降る帰り道に、以前「早稲田文学」寄稿した「雨」という短文の事を思い出す。 そこに書かれている心情は同事件で死んでいった同じ大学出身者の心情に微妙に重なるものがあることに気づく。 「私が通った大学は、その何年か前まで麻薬の巣窟として有名だったK町とH町のドヤ街を抜けた丘の上にあった。<中略> 坂の下のドヤ街では酔っ払いが昼間から大声でわめきながら酒屋の前で転がっていたし、スリップ一枚の女が金をくすねたらしい子供を追いかけて往来で掴み合いをしていたりした。また、高架の電車からは、連れ込み宿の明け放した窓の中に眠りこけた男と女の姿を見ることも珍しくはなかった。<中略> 坂の下のドヤ街は、しかし夕方を過ぎると淡く灯が入った店の中からは流行歌が流れ出し、男も、女も、店も、街も、昼間の汚れがすっかり消え、不思議な艶やかさに輝きはじめるのだ。 私はその坂を登り、下りるためだけに大学に通っていたような気がする。雨が降ると、坂道のアスファルトに、前屈みに登っていく自分の姿が薄く映る。もし私に青春というようなものがあったとすれば、雨の坂道に映った、暗くぼんやりした像こそが、その時代の象徴であったような気もする。<中略> 恐らく、死んでいった彼らも、その坂道の登り下りの中で、何かを見出してしまったにちがいないのだ。」p.210~213 通学経路に若干の疑問が無いわけではないが、同じ坂を登り下りしたものとしてはその心情はよくわかる。

28日前

8466480f 9d11 48ae ba32 574fb3b3207278567457 39fb 407c a866 23a016ddc2123b82793f 6159 41b3 97b0 0babcd8e68d5
流星ひとつ

流星ひとつ

Bbf0720c 5f05 432e b0af 65b9538cc1d6

hikoheihi

'94

藤圭子引退直前のインタビューを全編会話のみの構成で 沢木耕太郎の聞き手力と藤圭子の純度の高さに打ちのめされる

1年前

C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e44e99f068 ef0a 4b16 a58d 12701ddf8141Icon user placeholder
一瞬の夏

一瞬の夏

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

私ノンフィクションという割にオレが強く出ない品の良さと、内藤、エディ、沢木が織りなすなんとも煮え切らない不完全燃焼な現実に吸い込まれる。対戦相手の名もなき地方ジム所属重量級ボクサー大戸、羽草の名を記憶に留める。 カシアス内藤が走っていたころの根岸森林公園は母親の運転する赤いファミリアで訪れていた。映画だと「ヨコハマBJブルース」本だと「ヨコハマ・ウォーキング」の時代。

1年前

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eIcon user placeholderF50aa496 67c5 4734 a8f8 a5c2d5f9c8fb