51j3q6qztdl

コメント

はじめは「どこが魔法?どこが魔女?」から始まって、じんわりゆっくり沁みてくる魔法を見た感じだった。
物語のお終いが、お終いであり始まりであり、過去であり未来である、不思議な感じが良かった。

読者

F6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5c9b783b16 183f 404e b5dd 9803e58241330fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15bEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a093d437fea 342c 4cf9 a28d 4d321b487c1aD5b080e2 aea2 4e56 81e7 e2f570162621Ee5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac6Icon user placeholder 10人

文芸

ガソリン生活

ガソリン生活

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

ミステリー中毒だった自分に、ホットさせる一冊。生きているものは偉いわけでもなく、人間の手で熱意を持って生み出され、愛情をかけて大事にされたモノであれば、心はあるのかもしれない、 なあんて幻想もさせてくれる。 弟のりょうがユーモアにあふれる、かしこい子供で、発言や行動のたびに見入ってしまう。

約13時間前

F0481dd6 d29c 49a2 a268 34f8498069883acd53d0 50f4 46ba 9163 55fea0559179Edb188ea 78d9 4fe4 a7c2 f8b29dd63ff5 64