51j3q6qztdl

コメント

はじめは「どこが魔法?どこが魔女?」から始まって、じんわりゆっくり沁みてくる魔法を見た感じだった。
物語のお終いが、お終いであり始まりであり、過去であり未来である、不思議な感じが良かった。

読者

F6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5c9b783b16 183f 404e b5dd 9803e58241330fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15bEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a093d437fea 342c 4cf9 a28d 4d321b487c1aD5b080e2 aea2 4e56 81e7 e2f570162621Ee5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac6Icon user placeholder 10人

文芸

本のエンドロール

本のエンドロール

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

仕事というものは不思議なもの、お金だけでも夢だけでも辛くなってしまう。 印刷会社の営業・浦本君を中心に描かれていく。仕事が上手く行かない時は、一緒に胸が痛くなった。 本は多くの人の手を経て本が出来上がる。本だけでなく全てのものがそうなであることに気づき、感謝しなければと思った。ラストページのスタッフ欄には胸が熱くなる。「エンドロール」という言葉がぴったりはまる。

約3時間前

02ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f610644Icon user placeholder1683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde49 12
ハツカネズミと人間

ハツカネズミと人間

F60efc0c f0d9 46a4 9d00 2f2926a1f72b

くどう

読書中毒

障害があるからといってなんでもかんでも許すというわけではないけれど、むしろその考えは嫌いなんだけれど、何とかほかに方法はなかったのだろうか。 ジョージにとってレニーは夢であり希望であり友だった。 自身がやらなければ、他のやつらにやられる。それならせめて、自身が...。という愛があっての話だけれど、とても悲痛な話だった。 夢や希望そして友を失ったジョージの今後は絶望しか残っていないのかな。

約4時間前

0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e408A5ae7592 5447 46e4 a325 ce80ccc9c4213ef2b03c be8e 44fc b6b6 d88d576d5d0b