Btn appstore Btn googleplay
51hqa%2bs%2bhtl

コメント

女性チームによる初のエベレスト登頂に成功した田部井淳子さんがモデル。

エベレスト登山には、登る体力や技術のほかにも、各所への申請や何トンもの荷造りなどにたいへんな時間と労力が必要とされる。
そのなかでの、人間関係の難しさ。皆でひとつの大きな夢に向かっていれば、多少意見の違いがあっても互いに歩み寄れる清々しい関係が続けられるのでは、と思っていた。
命がけでやっているのだから、自分の気持ちより、チームの成果が出る方法を優先するに決まっている、と。
でも、重大な局面だからこそ、冷静な判断力より利己的な感情のほうが強く出てしまう人もいる。
本来は、“みんな違って、みんないい。”のだけれど、チーム行動ではどこかで折り合う必要はあるのだ。これを、標高8000メートルの過酷な環境下で取りまとめるリーダーのストレスは計り知れない。

物理的な危険、人間関係の危機、気力体力の限界、そこに至るまでの登山・仕事・子育てに追われる日々の生活…これらすべてを乗り越えて、エベレストの頂上に立った田部井さん。
ただ、山が好き、諦めたくない、という思いだけで。
人はこんなにも強くなれるのか…涙が止まらなかった。

読み始めた翌日に、テレビで田部井さんの始めた福島県の高校生を招待しての富士登山をやっているのを観ました。
女性だけのチームでも、やはり色々な個人の思いや感情があり、男性だけでも女性だけでも組織になると大変なものなのだと感じた。
読み終わった日は、偶然にも田部井さんの命日となりました。なんとも、感慨深い1冊になりました。

女性軽視の世界で山の魅力に取り憑かれた女達が突き進む。女の集団って難しい。女は大きなリュックだけを背負って山を登っているのではない、いつも違う何かも一緒に背負っている。ご主人は、本当に素晴らしい人だ。自分に対しても奥様に対しても。こういう奇跡の組合せが新らしい大きな奇跡を生むのだろう。激しい生き方をしているのに田部井さんは、優しい。

読者

453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9dCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921841a4c5338 9ae7 4aff 9faa ae2cb299b1c01525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad45ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a6502914a 62b7 4fcf b2d0 51bd350ec756Icon user placeholderIcon user placeholder 11人

唯川恵の本

ずっとひとりのわけじゃない

ずっとひとりのわけじゃない

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

恋愛をおざなりにしてきた私。唯川さんの経験に驚嘆、驚愕しつつ、自身の恋愛について考えてみました。楽しいこともあった、幸せなこともあった、怖いこともあった、辛いこともあった。恋愛でしか得られない感情はやはり宝物でした。私にとって恋は活力にもなる、恋のアンテナは常に張っていたいものです。難しいのですが、、、。

8か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholder9fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1
燃えつきるまで

燃えつきるまで

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

すごく心臓にきました。ドキドキしました。 失恋により負った傷を、他の人と比べて『自分はこんな風にはならない』『この人の不幸よりはマシだ』と思い安堵する気持ち。 自分の惨めさを認めたくない気持ち。 恋を失った時、相手じゃなくてそういう自分と向き合うのが面倒だから恋愛に億劫になるのかもしれない。 やらないよりやって後悔だというのは、普段なら、前向きでポジティブでいい心構えだと思うだろうけどそうやって自分を決死に奮い立たせて起こした行動だからこそ犯罪になっていることに気づかない。 色々な要素が合わさっていて考えさせられました。 共感するってことは私にもその可能性があるのかなと、、、怖い。

1年前

Fd22c4fc 423c 4255 9217 bc36e98d99389ad53a01 b9c4 44ee bc5a d08453e37c65Icon user placeholder 15
愛に似たもの

愛に似たもの

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

母親のようにはなりたくない。美貌と若さを利用して、すべてを手に入れてやる(『真珠の雫』)。親友の真似をして人生の選択をしてきた。ある日を境にふたりの立場が逆転。その快感が(『ロールモデル』)。過去の失敗は二度と繰り返さない。たとえ自分を偽っても、今度こそ結婚までこぎつけなければ(『教訓』)。など、幸せを求める不器用な女たちを描きだす8編の短篇作品集。第21回柴田錬三郎賞受賞作。

1年前

594c9ddd fa60 41b3 9b63 48350c0e054cIcon user placeholder151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241