41gcn9bqfwl

人混み、車、アリ、インターネット…世の中、渋滞だらけである。生まれたばかりの研究「渋滞学」による分野横断的な発想から、その原因と問題解決の糸口が見えてきた... 続き

コメント

渋滞を数理モデルに分解し、客観的データに基いて解説している。
なるほどね、と思うことが多くためになった。

その他のコメント

渋滞でイライラしている時にこれをウンチクとして語ると火に油を注ぐ可能性もあります。が、運転手としては少し心に余裕ができるかと思いますよ。

読者

D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40D6d204fd cd56 4370 a282 3fdd309cf02485ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf68a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fD0b748b0 f477 48ff a74d 9c466f7cd233 5人

西成活裕の本

とんでもなく役に立つ数学

とんでもなく役に立つ数学

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

みんなが自分本位ではなく、少しずつ意識を高めるだけで、全体の問題が解決できる。 渋滞、東京マラソンは、身近でわかりやすく、おもしろい最適な具体例だ。 が、おわりに、と、あとがき、 片方だけにすればいいのに

8か月前

0629c3ec bdba 462b b371 01bd30463422Icon user placeholder946e134f 61a4 45f7 bb27 63959f634375