412ibirydxl

私は、私であること、諦めないでいたい。渦森今日子、17歳。女子高生で、アイスが好きな、宇宙人。最後で「え?」となったかもだけど、私も、私の友達(岬ちゃん、... 続き

コメント

渦森今日子は宇宙人だけど、わたしたちだって宇宙人だから数ある生命体の中のひとつ、であることに変わりはないんだろう。たぶん。
自分という存在が一体なんなのか、まっすぐに考えられる青春の物語だった。

その他のコメント

すごく、斬新な文体。ありえない世界だけど、大切なことに気づかせてくれる。

詩とはまた異なる最果ワールド。もっと彼女のことが気になる一冊。

読者

D560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504bOoebgixj normal03e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200B711bca2 5a13 4228 bc80 c00d1edd3ea0025959f9 9d55 4fea 86da c7c9e3656926599f01bc 4d1e 4e3b aaed d42cc3c542201b96c449 f4cc 41b8 b79f fef8c349c463E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad 8人

最果タヒの本

十代に共感する奴はみんな嘘つき

十代に共感する奴はみんな嘘つき

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

世の中の中心に自分達がいる。ってどこから湧いてくるのか分からないような思い込みも、当時の私には真実だった。こういった若さは大抵年を重ねるごとに薄れていく。自分や周囲の感情や空気に敏感で、それってかなりめんどくさいことだけど最高に素敵なことじゃん!かっこいいじゃん!って後々気づく悲しさ。一生青春!大人も精一杯生きよう!

3か月前

十代に共感する奴はみんな嘘つき

十代に共感する奴はみんな嘘つき

A19d8d4b d0bd 4c1a b273 5892799f2c2e

shinatake

東京

誰にも理解されたくない。理解された途端に、それは私だけの感情ではなくて、ありふれたものになってしまうから。共感なんてされたくない。自分が平凡な人間だと気付きたくないから。 女性はみな共感を求める共感脳だと言われるけれど、この本の主人公である女子高生は違っている。 「その気持ち、わかるよ」なんて軽々しく言われると吐き気がするし、自分の事を可哀想だと思っている一人ぼっちの子を見るといらついてくる。 でもそうやって教室を俯瞰して、「自分だけは分かっている」と思う自分を一番軽蔑している。 自意識がぐちゃぐちゃに絡まっている主人公は痛々しくて、いじらしくて、不器用すぎて、「ああもう、ごちゃごちゃ考えず、愛とか恋とか、思いきりしてみたらどうだろう!多分大人になってもよく分からないのだから!」と思ってみたりもするけれど、そんな事を言った途端にこの主人公から軽蔑されそうなので黙っておきたい。 それから、会話の途中で女の子が0コンマ数秒黙ってしまったら、一瞬のうちにいろんな事を考えているものだよ、と男の子たちにそっと教えたい。

5か月前

3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c782b85ff ae46 4408 bf8c 96335a79a595Icon user placeholder 25